四万温泉・あやめや旅館(群馬県) 
しまおんせん・あやめやりょかん

DATA
所在地群馬県吾妻郡中之条町四万
源泉名岩文の滝湯(6源泉の混合泉)
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩温泉
泉温 源泉46.2度
PH 7.2
蒸発残留物1.47g/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉は、古くから知られる名湯です。開湯伝説は諸説あるそうではっきりとはしていないそうですが、永禄6年(1563)には温泉宿が創業していたようなので、とても歴史のある温泉地です。とっても山の奥深いところにある辺鄙な温泉地ですが、いくつもの温泉旅館が建ち並んでいて、とても活気付いた温泉地です。
老舗旅館と呼ばれる人気の温泉宿も多いのですが、小さくてアットホームな温泉宿がいくつもあるのも魅力的です。その中のひとつ「あやめや旅館」は、小ぢんまりとはしながらも心遣いの行き届いた宿として定評のある小さな旅館です。温泉街は四万川沿いに細長く形成されていて、ちょうどその中間あたりの桐の木平地区にありました。見た目は、民家かなと思うぐらい小ぢんまりして素朴な雰囲気の建物です。
浴場は玄関から廊下を右奥へと進んだ先にありました。とても小さな宿だと思っていたのですが、浴場はそれなりに広くつくってあるようです。脱衣場のスペースもゆとりがあり、清潔的で好印象です。何よりも、館内の随所にいろいろな心遣いを感じるのがいいなと思いました。例えば脱衣所には小さなカゴや小物袋が置いてあり、入浴の際に外したアクセサリーや、濡れた風呂道具を入れるのに利用できるようにしてあったりします。
粋な計らいが、宿の雰囲気を大きく変えることってよくあります。とてもいい雰囲気です。浴室も宿の規模のわりには大きいように感じます。内湯は湯舟はひとつだけですが、横にゆったりとした大きな湯舟で、のびのびと湯舟に浸かることができます。また、外側は通路になっているものの、通路よりも高い位置に浴場があるので、ガラス窓が大きくてとても明るい印象を受けました。
湯は無色透明の底まで透き通るような綺麗な湯です。癖のない滑らかな湯は、確かに四万温泉のものですね。湯の注ぎ口は2つあるようで、一方はジャバジャバと適温の湯が注がれ、もう一方はチョロチョロと熱い湯が注がれていました。熱い方が源泉投入口なのかもしれません。外側には小さいながらも露天風呂もあります。
小さいといっても内湯に比べて小さいというだけで、十分な広さがあります。やっぱりゆったりと入れる露天風呂があるというのは、ポイント高いですよね。ふぅ〜っと肩の力が抜けるように温泉を楽しんできました。団体旅行では味わえない、個人旅行ならではの過ごし方ができる宿ですね。四万温泉周辺は見所も多く、観光客に人気の温泉地です。旅の拠点として利用するにはちょうどいい宿だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.