湯宿温泉・太陽館(群馬県) 
ゆじゅくおんせん・たいようかん

DATA
所在地群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉
源泉名窪湯
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉
泉温 源泉63.4度
PH 8.0
蒸発残留物1.372g/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂貸切露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

三国峠の玄関口、湯宿温泉は猿ケ京温泉の手前にある静かな温泉地です。国道沿いにはあるものの、小さな集落に紛れるようにしてある温泉なので、とっても地味な印象の温泉地です。当然、歓楽的要素はなく、いくつかの旅館が点在する温泉地となっています。ところが温泉の歴史はとても古く、平安時代前期に弘須法師という高僧が発見したという開湯伝説があるのだそうです。
そんな地味な温泉街の一角、国道沿いにある太陽館は、古風ながらも品のある和風温泉旅館です。立ち寄りでの入浴も積極的に受け付けてくれているので、今回は宿泊ではなく立ち寄りで入浴させてもらいました。国道沿いに宿はあるのですが、駐車スペースは少し離れたところにあります。とっても小ぢんまりとした印象の宿でしたが、館内に入ってみるとけっこう奥に広い施設のようです。
浴場はロビー脇の階段をのぼり、2階の廊下を突き当たった先にあると案内されました。浴場は男女別に暖簾が揺れていて、その中間には「長寿の水」という湧き水がありました。なかなか雰囲気のいいところです。脱衣場は狭くもなく、清潔的。まぁ、旅館としては可もなく不可もなくって感じでしょうが、化粧品類がとても充実しています。
男性用でさえヘアトニックからスキンローションまであるので、女性用もさぞかし充実していることでしょう。浴場は手前側両サイドに3つずつ洗い場が並び、そして奥に湯舟がドンと構えています。見たところ普通の浴場のように見えますが、湯は大量に掛け流されているようです。湯口は湯舟の中の柱のところにあるのですが、そこには飲泉用としてか茶碗が用意されています。
源泉掛け流しだからこそできるワザですね。さっそく飲んでみると、かすかにしょっぱいような気がする程度です。無色透明の綺麗な湯でした。窓が大きくてとても明るい印象の浴場ですが、ふと窓の外を見ると目の前には階段があります。誰か通るのかな?とその先を見てみると、正面に滝が見えました。滝はここから見えるだけでも2段になっていて、小さいながらも風情のある滝です。
しっかりとした階段があるので、滝を見に行くこともできるのでしょうが、階段は浴場のほんとすぐ目の前にあるので、そこから浴室の中が丸見えです。向こう側を通る人も気まずいような感じではないでしょうか。ところが、女湯は少し奥まっているので、通りから見えることはないでしょう。そのかわり滝も見えないんじゃないですかね。
なかなか落ち着いた雰囲気があり、滝も眺められる大らかな湯に、とても大満足でした。ちなみに館内には新緑や紅葉を眺められる、檜造りの露天風呂があるそうです。残念ながらこちらは宿泊者専用ということで入ることはできませんでした。資料を見る限りとっても雰囲気の良さそうな露天で、しかも貸切できるようなので、この環境を味わうなら宿泊しかないでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.