幌加温泉・湯元鹿の谷(北海道) 
ほろかおんせん・もとゆかのや

DATA
所在地北海道河東郡上士幌町幌加
入浴 2013年8月
泉質 ナトリューム泉、鉄鉱泉、カルシューム泉
形態 温泉宿 混浴 (女性専用内湯あり)
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆
野趣度☆☆☆☆
鄙び度☆☆☆
秘湯度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

幌加温泉は糠平温泉の奥、国道から少し奥へと入った静かな山の中にある小さな温泉地です。よくぞこんなところに温泉を開拓したものだと、感心したくなるような緑豊かな場所にあります。以前来たときには二軒の宿がありましたが、「ホロカ温泉」はご主人が亡くなられたそうで、休業している様子でした。その少し奥、道路の突き当たりにあるのが湯元鹿の谷です。
素朴な雰囲気の宿で、大自然の中に佇む静けさがありました。浴場は館内の一番奥、廊下の突き当たりにありました。右側が女湯で左側が男湯です。脱衣所は木造の簡易的な棚にカゴが並び、狭苦しくはないけどけっして広くはありません。浴場に入ると、こちらはまたすごく広いです。とっても質素な浴場なのですが、大きな湯舟が3つも並んでいます。
しかも、よく見るとそれぞれ泉質が違うようなんです。手前がナトリューム泉、中央が鉄鉱泉、奥がカルシューム泉と書かれています。手前の湯舟がけっこうぬる目、あとはちょうどいい感じの温度です。素朴感のある広々とした浴場だなぁと思いつつ、今入ってきた扉の方を見ると、なんと横にも扉があります。どうやらそちらは女性用の脱衣所の方です。つまりこの浴場は男女混浴なのですね。
女湯はまた別にあるのかどうかはわかりませんが、これだけゆったりとした浴場なら、女性でもいくぶん入りやすいのではないでしょうか。そんなに大勢の客がつめかけるような場所ではないので、のんびりと湯に浸かることができると思います。湯舟の湯はどれも無色透明なのですが、微妙に色合いが違うような感じがしました。
ナトリューム泉は微妙に青白いような、鉄鉱泉はほとんど透明で微妙に赤いような、カルシューム泉は白っぽいような、そんなイメージです。奥には打たせ湯もありました。こちらはけっこう熱めの湯が落ちているので、打たれると気持ちがいいですが、ちょっと熱すぎるかなぁという感じです。外には露天風呂もあります。露天は扉を開けるとほんのちょっと歩いた先にとても開放的な湯舟がありました。
こちらは白っぽくみえるので、カルシューム泉なのでしょうか? それにしても開放感ばっちりで、見下ろすように崖の下には渓流が流れ、あとは山々が見えるだけです。季節柄、虻がたくさんウロついていて、落ち着いて入れなかったのですが、なんとか格闘しながら湯舟に向かいます。それに加えて蟻の攻撃も凄かったです。写真を撮ろうとちょっと立ち止まるだけでも足にたかってきて、噛み付いてきます。
これがまた痛いのなんのって、足をジタバタさせながら湯舟に向かいました。ちなみに露天はちょいと熱めです。熱いので半身浴とか涼んだりとかしたかったのですが、虻がいたので、全身浴で防御。となると熱くて長湯はムリなので、大汗をかきながら内湯に戻りました。それにしても一度にたくさんの泉質を味わえたり、ゆったりのんびりしているロケーションは、なかなかたまりませんね。また来たくなるような、ホッとする温泉宿でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.