糠平温泉・糠平温泉ホテル(北海道) 
ぬかびらおんせん・ぬかびらおんせんほてる

DATA
所在地北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
源泉名糠平温泉ホテル
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉(中性低張性高温泉)
泉温 源泉51.2度
PH 7.1
蒸発残留物0.862g/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

北海道の真ん中あたり、糠平湖の南西にある糠平温泉は、大正8年(1919)に発見され、その後道路や鉄道が整備され温泉街が形成された人気の温泉地です。鉄道(旧国鉄士幌線)はもう廃線となってしまいましたが、自然豊かな環境の中で今でも人気の高い温泉地であることは間違いありません。宿泊施設はいくつもあるのですが、その中のひと糠平温泉ホテルは、源泉掛け流しの大浴場と、ペット同伴で宿泊できることがウリの観光ホテルです。
日帰り入浴を受け付けてくれていたり、レストランも併設しているので、プラッと立ち寄りで訪れることもできます。とても地味な感じの旅館ですが、その静かな佇まいが落ち着きを見せていました。今回は立ち寄りでの入浴となります。夕暮れ時で段々と周囲が暗くなってきた頃に訪れました。館内に入るとフロントのすぐ左側に浴場があります。階段を半分降りたような感じで浴場がありました。
扉を開けると脱衣所なのですが、横に細長く、また浴場への入口が左右に2つあります。何だろうと開けてみると、どらちも同じ浴場でした。浴場は中央に大きな湯舟があり、左右2つに区切られています。よく見ると左右対称に浴場が作られいるので、もともとは男女別に作られていた浴場がひとつに改築したようです。女湯は別に作られていたので、増設したのでしょうね。そちらの造りも気になりますが、今回は確認できませんでした。
湯舟は左右対称ですが、温度がちょっと違うようです。とってもクリアな無色透明の湯ですが、ツルツルとした浴感で片側は熱め、もう片方はちょい熱めぐらいです。浴室全体はちょいと古びているというか、湯のコケのようなものが床に生えていてヌメるので注意しましょう。でも、お湯の使い方は贅沢で、掛け流しにされてそのまま湯舟から溢れ出て床を流れていました。掛け流しだからこそ、床にコケが生えるのですからね。
浴室の角には小さな湯舟らしきものがありました。片方は空っぽで、片方は砂利で埋められていました。狭かった浴室の頃には使用されていたのでしょうね。今では使用されていないようでした。浴室は広くなった分だけ、空間に余裕があります。壁にはタイルでモザイク画が描かれていたり、湯口の部分には木のオブジェで飾られていたりと、シンプルながらも情緒を演出しているようでした。
湯は控えめな印象ながらもあたたまりがいいので、浴後は水分補給が欠かせません。脱衣場には冷水も用意されていたので、思わずガブ飲み。本当は入浴前に水分補給してから汗をかく方が健康にはいいんですけどね。それだけ温まる温泉ということです。糠平は自然も観光も魅力いっぱいのところ。宿泊の拠点に、湯巡りの一環として、様々な利用で遊べるところなので、是非ともおススメの温泉地です。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.