上士幌町健康増進センター・ふれあいプラザ(北海道) 
かみしほろちょうけんこうぞうしんせんたー・ふれあいぷらざ

DATA
所在地北海道河東郡上士幌町上士幌
源泉名上士幌町3号泉源
入浴 2013年8月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉28.6度
PH 9.22
蒸発残留物0.309g/kg
形態 健康増進センター 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

帯広の北、上士幌町は糠平温泉や然別湖、ナイタイ高原牧場などの観光地が点在する自然豊かな観光の町です。その町の市街地、国道273号線と国道241号線の交差点近く、町役場や図書館などの施設が並ぶ一角に、上士幌町健康増進センターがあります。鉄筋コンクリート製のモダンなスタイルの大きな建物で、いかにも公共の施設だなぁという感じの施設です。ここには保健指導施設と温泉浴場施設が併設されていて、町民のための厚生施設として機能しているようです。
とっても地味な存在ですが、天然温泉の引かれた浴場があるということで、思わず素通りできなくなり立ち寄りで利用することにしました。あまりよく調べもせずに、というかたまたま通りかかって施設を発見したので、まずは営業時間や料金等を調べに施設に入ってみました。見た目にも公共の施設という感じなのですが、温泉施設があるような雰囲気はあまりありません。館内の照明も半分消されていて、人の気配もまばらです。温泉施設は町民以外の方も利用できるようなので、その施設がある方へと向かいますが、施設は真っ暗でした。
どうらや浴場は午後からのようです。ちょうど昼過ぎぐらいで、あと30分ほど待てば営業開始時間になるということだったで、ロビーで待つことにしました。開始時刻が近づいてくると、ゾロゾロと地元の方々が集まり始めました。けっこう人気のある浴場のようですね。温泉の受付前に入浴券の自動券売機があるので、あらかじめ入浴券だけを購入しておいて、もう少し待つことにしました。営業時間になり、受付を済ませて浴場へと向かいます。
建物の一角にあり、受付も規模が小さいので、小ぢんまりとした浴場を想像していたのですが、意外にも奥行きがあります。浴室はタイル張りで、とてもオーソドックスな浴場スタイルなのですが、空間がゆったりとしていてとても広々とした印象です。また、とても明るくて内湯ながらも開放的な雰囲気がありました。まずは洗い場で体を流しますが、ここには石鹸類は用意されていないので、各自が持参する銭湯のようなシステムです。浴場にはジェットバス、打たせ湯、バブルバス、そして大きな主浴槽とあります。
また、サウナと水風呂もありました。ちょっとしたスーパー銭湯っていうぐらいの充実した設備です。まぁ、とりあえず片っ端から入ってみようと浴室を歩き回りますが、けっこう足元が滑りやすいので要注意です。そして湯舟に浸かってみると、これがまた「あれっ」と思わず首をかしげてしまうぐらい、すごーくヌルヌルとするとろみのある湯なのです。お湯そのものはサラッとしているのですが、肌に触れるとローションのように肌が潤い、膜が張ったようにヌルッとするのです。
これはまた、予想外にいい湯に出会えた感じです。湯は無色透明ですが、若干透明度が低いような気がする程度、見た目には大人しい湯だったので、期待していなかった分だけこの浴感には驚きました。中でもジェットバスの湯舟は温度も低くて、じっくりと味わいながら湯を楽しむことができました。非常にシンプルというか、地味な印象の施設ですが、雰囲気もよくてとても気に入りました。常連さんらしき人が多いのも、人気がある証拠ですね。観光客向けという感じはありませんが、ゆったりとして個性的なので、行楽の帰りにでもひと風呂浴びていくにはちょうどいい施設だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.