自由ケ丘温泉(北海道) 
じゆうがおかおんせん

DATA
所在地北海道帯広市自由が丘
源泉名自由ヶ丘温泉
入浴 2013年8月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉41.1度
PH 9.3
蒸発残留物0.607g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

帯広の郊外、陸上自衛隊帯広駐屯地のすぐ近くにある自由ヶ丘温泉は、市民にも親しまれている銭湯のような日帰り温泉施設です。住宅街の奥の方にあるので、なかなか人目につかなそうな場所にありますが、十勝特有のモール泉を贅沢にも掛け流しで、しかも気軽に味わえるということで人気があるようです。このときも午前中に訪れたのですが、地元の人たちに混じって観光客の姿もけっこうありました。
住宅地の中にある温泉施設ですが、駐車場はゆったりとしています。隣接してラーメン屋もあり、そっちを目当てに来る客もけっこういるようです。さっそく館内に入ると、外観から想像するよりも若干小ぢんまりとした印象がありました。右側に受付があり、その奥に小さな休憩スペースと、浴場の入口がありました。
脱衣場はパイプの棚にカゴが並び、浴室側はガラス窓になっていますが、右側、左側、それぞれに浴場への入口があります。特に違いがあるわけでもなく、左右に広い浴場のどちら側へも行けるというだけのようです。浴室は左から、水風呂、サウナ、主浴槽、岩風呂、打たせ湯があり、手前側は洗い場です。洗い場はカランと固定のシャワーで、いわゆる普通の銭湯のような感じです。
湯舟がゆったりとしているのと、外側がガラス窓で明るいので、内湯ながらもゆったりのびのびとできる雰囲気がありました。また、ガラスの外側は裏山というか森になっていて、その手前に小さな池があります。池を眺めながら入浴ができるんですね。なんとも優雅な銭湯です。そして気になる浴槽ですが、これまたとてもインパクトのあるものです。
木酢を薄くしたようなクリアな茶色をしていて、まさに琥珀色の湯とでも表現したらいいでしょうか、深い透明感色が品格の高さを漂わせていました。また、軽く鼻先をくすぐるような有機臭もあります。おがくずを発酵させたような軽やかな香りです。不思議とこの匂いは心を和ます効果がありますね。リラックス効果も期待できそうです。
そしてさっそく浸かってみると、これまたツルツルとした柔らかな感触が全身を包み込みます。少し深めの浴槽が適度に体を圧迫して、すごくいい感じです。外の景色を眺めながら、心行くまで温泉を楽しめます。ただ、せっかくのこのロケーションなのに露天風呂がないのが惜しいです。住宅街にある温泉施設にそこまで求めるのは酷かもしれませんが、眺めがいいだけにもったいなく感じました。
それからここの電気風呂も気に入りました。ただ単に痺れるだけのものではなく、叩いたり、揉んだりするような感覚がリズミカルに味わえる電気風呂です。ギュギュッと筋肉が揉み解されていく感じがとても気持ちよかったです。全体的にとてもシンプルな浴場ながら、満足度のとても高い印象があります。地元の方だけでなく観光客にも人気があるというのは、大納得の温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.