門別温泉・とねっこの湯(北海道) 
もんべつおんせん・とねっこのゆ

DATA
所在地北海道沙流郡日高町富浜
源泉名もんべつ温泉
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−塩化物泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 源泉32.2度
湧出量毎分480リットル
PH 8.8
蒸発残留物2.628g/kg
形態 町立健康増進センター 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

門別温泉とねっこの湯は、日高町にある日帰り温泉施設です。国道235号線沿いにあり、広い駐車場と大きな八角錐の屋根のエントランスが目印になります。とてもメルヘンチックな印象のある建物です。周囲には北の大地北海道らしい広大な牧場が広がり、牧歌的なとってものどかな風景の一角にあります。とにかく広い駐車場ですが、そのスペースのわりには建物が小さいような気がします。
平屋建てだったのもあって小さな施設だなぁと思ったのですが、中に入ると実際にはとても奥行きのある施設でのようでした。エントランスにはシューズロッカー、そしてロビーとフロント、手前側にはレストランがありました。受付を済ませて館内を進むと、これまたゆったりとしたロビーがあったり、無料の休憩室、ゲームコーナー、マッサージコーナーなどがありました。
突き当たりには温泉浴場の入口がありますが、脇には渡り廊下があり、そこから隣接する「とねっこ館」というプールやスポーツジムなどの施設へとつながっていました。公共の施設っぽさがあり、ややお堅い雰囲気がありますが、地域の方々にとっては多目的に利用できる複合的な施設なのですね。脱衣所はコイン返却式のロッカーがズラッと並んで、ゆとりのあるスペースです。
今回は平日だったこともあってか空いていたのですが、それなりの需要があるのでしょうね。浴場に入ると手前側にサウナと水風呂、右奥には洗い場、正面から左側にかけていくつかの浴槽が並んでいます。浴槽はまず浴室の中心に2つに区切られたイベント湯がありました。ひとつは真っ青なクリアブルーの入浴剤の湯で、もういっぽうはヘルストン石をつかった人工温泉となっていました。そして窓側には大きな主浴槽があります。
こちらの浴槽は見た目、コーヒーを薄くしたような色をした湯です。どうやらこちらの湯舟が天然温泉のようです。加温ながらも掛け流しで利用されているそうで、ジャンジャンと湯が湯舟へと注がれていました。湯に浸かると肌がツルツルッとした柔らかい浴感があり、また、ふんわりとした軽い香りがありました。ちょっと舐めてみると、甘いような苦いような不思議な味覚がありました。外には露天風呂もあります。
露天は石タイル張りの長方形の湯舟がふたつ並び、大きな屋根がついています。手前側は内湯と同じように天然温泉が利用されていて、奥の湯舟はジャグジーになっていました。高い壁で囲われているので景色は見えませんが、心地よい快適な環境がありました。今回は立ち寄りでちょっとした利用でしたが、1日のんびりと過ごしたくなるような健康増進施設という印象を受けました。観光ついでに利用するのもいいですが、地元の方々が気軽に訪れて温泉を楽しむ施設だなぁと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.