むかわ温泉・四季の湯(北海道) 
むかわおんせん・しきのゆ

DATA
所在地北海道勇払郡むかわ町美幸
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−塩化物強塩泉
泉温 源泉28.8度
湧出量毎分240リットル
PH 7.6
蒸発残留物20.54g/kg
ラドン含有量0.051マッヘ単位/kg
形態 道の駅併設のホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

国道235号線沿いにある「道の駅むかわ四季の館」は、宿泊施設や温泉施設のある複合施設です。広々とした駐車場の先には鉄筋の近代的で大きな建物があり、道の駅というよりはホテルの敷地といった雰囲気がありました。ここは日帰りでの入浴施設の他、図書館や多目的ホール、物産館など、観光客も地元の方々も老若男女問わず活用できる道の駅です。
しかも早朝から温泉が営業しているということで、旅行客にも便利なところです。そんなわけで、フェリーで苫小牧に到着し、さっそくこちらの温泉施設に訪れてみました。フェリー乗り場から1時間もかからないくらいのところにあるので、アクセスはとても楽です。しかもこのときはフェリーの半券提示で、入浴料の割引キャンペーンをやっていました。これはお得ですね。
浴場は1階ロビーのすぐ先にあります。シューズロッカーがたくさん並んでいるところをみると、それなりに需要があるのでしょうね。廊下を抜けると大きな湯上りロビーがあり、その手前と奥とに浴場がありました。奥がA浴場で、手前がB浴場となっています。日替わりで男女が交替するようで、このときはB浴場が男湯でした。脱衣所はコイン返却式のロッカーと脱衣棚が並んでいます。
浴場は縦に細長く、内壁側に洗い場が並び、ガラス窓際には細長い湯舟がありました。湯舟は手前側が寝湯になっていて、奥が主浴槽です。主浴槽の一番奥にはバブルバスがありました。湯は黄色っぽい飴色というか、だし汁を煮詰めたような色をしています。透明度は60センチぐらいですかね。さっそく湯舟に浸かると、ずっしりというかしっとりとした重厚感のある湯です。
ちょっと舐めてみると、強烈なしょっぱさと苦味がありました。かなり塩分の濃い温泉のようです。壁の説明には「熱の湯」と書かれていたとおり、温熱効果でポカポカとよく温まる湯のようです。ガラス戸の外には露天風呂が見えました。外に出てみると、手前側にパープル色をしたハーブ湯、そして奥には茶色をした湯の円形の湯舟があります。どちらも入浴剤を使用したものでしょうか。
奥の湯舟は特に何も書かれていなかったのですが、薬草のような匂いがプンプンと漂っていました。温泉だけでなく、付加価値をつけて入浴を楽しむようにできているのですね。ちなみに露天はすごく高い壁に囲まれているので、景色はまったく楽しめず、頭上にぽっかりとあいた空だけを眺めることができます。モダンなスタイルといえばそうかもしれませんが、落ち着かないのでもうちょっと居心地のいい露天だといいなぁと思いました。
浴後はのんびりとロビーで休憩もできますが、なんとこの施設にはスポーツジムや温水プールもあり、温泉利用料金でこちらも利用できちゃいます。なんとも太っ腹な施設ですね。ちなみに宿泊者には別に展望浴場があるようです。天気が良ければ太平洋を一望できるという見晴らしのいい湯のようです。機会があれば是非今度はそちらの湯も楽しみたいと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.