さざなみ温泉・ゆうゆうはうす(秋田県) 
さざなみおんせん・ゆうゆうはうす

DATA
所在地秋田県北秋田市川井鳥屋沢
源泉名漣2号
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−塩化物強塩泉
泉温 源泉49.7度
PH 7.09
形態 公衆浴場 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆
素朴度☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

北秋田市の合川地区にポツンと建つ「さざなみ温泉」は、素朴な日帰り温泉施設です。秋田内陸縦貫鉄道の合川駅から少し離れた住宅街というか、集落の中にあるある温泉施設です。たまたま近くを通りかかった際に、いくつか看板があり、少しずつ気になり始めた頃に左折の看板を発見。通り沿いにポツンと看板があるので吸い寄せられるように立ち寄ってみました。
辿り着くと、「本当にここ?」ってぐらいの意外と小ぢんまりとした施設でした。ネーミング的に、まぁ今風というか普通の温泉施設だろうと思い込んで訪れてみたのですが、田舎の小さな駅舎かと思うような、風通しの良さそうな建物でした。しかも、週末の昼間だというのに駐車場にはクルマがありません。夕方から営業するタイプのところなのかと、とりあえず営業時間を確認しようと入口に近づくと、朝から営業しているではありませんか。
しかも、しっかりと入口には営業中の文字があるので、やっているには違いないのですが、どうしたことでしょう。まぁ、そのほうがゆっくりと入れるので躊躇することなく受付に向かいました。館内に入ると下足箱の先に受付があり、とても愛想のよいおばさんが受付をしてくれました。手前側には休憩室もあり、正面の奥へと向かうと浴場があります。
見た目には地方の共同湯のように小さなものを想像していたのですが、意外と奥行きがあるようです。また、館内はわりと小奇麗で清潔的な印象です。脱衣場は棚にカゴが並び、まぁベーシックなスタイルですね。浴場は小ぢんまりとはしているものの、ゆったりとした大きな湯舟がありました。手前側に洗い場がありますが、石鹸類は用意されていないので各自が持参するシステムです。
湯舟は左右ふたつに区切られていて、右側が小さめです。湯の投入方法により温度が違うのでしょうか、小さい方が温度が高くなっているようです。見た目にもインパクトのある湯で、濁りのある黄色というか、ウグイス色っぽい感じの色がついています。これがまたけっこう熱めの湯で、夏場だったので少々きつい感じはしましたが、暑い日ほど熱い湯は身が引き締まるものです。
けっこうしっとりした浴感があり、ズーンと芯からあたたまる湯です。この熱の伝わりようは只者ではありません。さっそく味見してみると、海水のようにしょっぱい塩味がありました。また、後味の悪い苦味もします。それに加えて金属味もありました。かなり濃厚な湯という印象を受けました。それにしてもこの温まり感は半端ありませんでした。しかもよりによって記録的な猛暑の日に訪れたものだから、暑くてたまりません。
なるほど、こうなってしまうと誰もこの温泉には入りたがらないですね。逆にこれが寒い日だったら、みんなこぞって入浴しに来ることでしょう。ただ、浴室からは景色も見えなくて、ちょっと閉鎖的な雰囲気があります。すごくシンプルなのに、すごく個性的。そんなローカルな雰囲気もたまりません。時間も都会では味わえない緩やかに流れていく感じがとても気に入りました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.