小倉温泉・小倉温泉旅館(秋田県) 
おぐらおんせん・おぐらおんせんりょかん

DATA
所在地秋田県五城目町富津内下三内字猿田沢
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩泉
泉温 源泉14.0度
PH 8.8
形態 温泉旅館 男女別
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

八郎潟の東、内川の国道285号線付近にある小倉温泉は、山影にポツンと佇む小さな和風旅館です。地図を見るかぎりほぼ国道沿いのようですが、脇道に入って細い山道のような小路を登った高台にあります。見晴らしのいい場所にはありますが、そのアクセスがわかりづらいので、隠れ宿といった印象を受けました。道路沿いには案内の表示はあるものの、知らずにいたらそのま通り過ぎていってしまいそうなところです。
どんな小さな寂れた宿があるのかと、半分不安になりながらやってきましたが、たどり着いてみると意外と小奇麗でモダン和風の粋な雰囲気が漂っています。駐車場も広めで、それなりに知られた有名な温泉旅館のようです。玄関脇には日帰り入浴の時間等が書かれており、積極的に日帰り入浴を受け付けてくれているのは嬉しいです。受付をして館内に進むと、すぐにゆったりとした優雅なロビーがあります。
とても落ち着いた雰囲気が漂っていて、このまままったりと宿泊で過ごしたいと、このロビーを見ただけで思ってしまうほど、静かで優雅な印象を受けました。浴場は左手の先にあります。脱衣所は小ぢんまりとしていて、簡易的な棚とカゴがあります。貴重品は受付で預けておくのがよさそうです。浴室はシックな石タイルの、わりとベーシックなスタイルですが、とても上品な雰囲気がありました。
そんなに広い浴室ではないものの、正面のガラス窓が大きくて明るいので、全体的にゆったりとした印象があります。手前側にサウナ、そして外壁側に洗い場、そして横が3メートルほどの長方形の湯舟があります。男女を仕切る壁の一部がガラスブロックになっていることで、全体が明るくなり圧迫感がなくなっているのでしょうね。洗い場には固形石鹸だけでシャンプー類は用意されていません。さっと体を流してさっそく湯舟に浸かってみます。
湯は無色透明の湯がモコモコと底から注がれています。湯舟からは溢れ出る気配がないので、循環式なのでしょう。見た目にはとても残念な感じの湯に見えますが、浸かってみるとその浴感に驚きます。それというのもヌメリというか、全身がツルツルとした滑らかな感触で包まれるのです。アルカリ性の優しい湯のようで、肌がスベスベになる感覚がたまりません。ずいぶんと強引に存在感をアピールしてくる温泉ですね。
古くから湯治温泉として知られているそうですが、なるほど薬効高い湯のように感じます。宿は高台に位置することもあり、大きな窓からは田園風景を見下ろすように眺めることができます。ちょうど目の前を農薬散布のヘリコプターが忙しく飛んでいて、夏の風物詩ともいえる長閑な景色を眺めることができました。とても静かな場所にあり、観光の拠点としてもいいですが、隠れ家的に利用するのもいいかもしれませんね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.