森岳温泉・ゆうぱる(秋田県) 
もりたけおんせん・ゆうぱる

DATA
所在地秋田県山本郡三種町森岳
源泉名森岳温泉4号井戸
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉
泉温 源泉58.6度
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

八郎潟の北、秋田県山本郡三種町にある森岳温泉は、昭和27年(1952)に石油採掘中に湧き出したという比較的新しい温泉地です。今ではいくつかの温泉旅館が軒を連ねる温泉郷となっていますが、静かでのんびりとした雰囲気があります。温泉郷の玄関口、惣三郎沼の近くの小さな池のほとりに町民健康保養センターの「ゆうぱる」があります。こちらは平成9年(1997)にオープンしたという公共の温泉施設です。
今回は夏休みを利用して遊びにやってきました。池の近くまでやってくると施設が見えてきます。公共の施設ということでがっちりとした大きなものを想像していましたが、意外と小ぢんまりとした施設でした。さっそく館内に入って受付を済ませ、左奥へと向かうと浴場がありました。浴場に向かう途中の廊下にはいくつもの休憩間があります。こちらの部屋は有料の施設となっているようで、別途料金がかかるようです。
受付前のロビーもゆったりとしているので、1日まったりするのでなければロビーでも十分でしょう。脱衣所はガランと広く、大きめの棚に大きなカゴが用意された簡易的なものです。廊下にコインロッカーがあるので、貴重品はそちらに預けておきましょう。浴室は正面に大きな湯舟、そして内側に回りこむように洗い場がありました。洗い場はカランが13基、コの字型に配置されています。
料金が安いのにボディソープとリンスインシャンプーも用意されているのは嬉しいですね。湯舟は窓際にゆったりと横に広がった大きなものと、その奥に寝湯、また反対の角にはぬる湯、そしてサウナと水風呂があります。どれも見た目には無色透明の湯なので大人しい印象の湯ですが、湯舟に浸かるとジワッと肌に馴染むようなしっとりとした浴感がありました。
舐めてみると海水を少し薄くしたような、でもしっかりとした塩味がついていてそこそこ塩辛い湯のようです。透明感がありながらも、しっかりとした存在感がありますね。それから湯舟はゆったりとしているのですが、その入り心地も格別です。というのも、湯舟は底からステップ、縁まで総檜造りで、木のゴツゴツとした感触もまたいいものです。ちなみに、窓の外には池が広がっていました。池を眺めながらの入浴という感じでしょうか。
湯舟に浸かってしまうと外の景色を見ることが出来ないので、露天風呂でもあればいいですね。休憩ロビーからも景色が見えるので、浴後にまったりと眺めてはいかがでしょう。帰り際にロビー横の売店を覗くと、地元で採れた野菜がたくさん売っていました。比内地鶏の卵も格安で売っていたりと、思わずたくさん買ってしまいました。ローカルな施設ではこういった買い物も楽しみになりますね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.