砂丘温泉・ゆめろん(秋田県) 
さきゅうおんせん・ゆめろん

DATA
所在地秋田県山本郡三種町大口字上の沢
源泉名八竜砂丘温泉
入浴 2013年8月
泉質 ナトリウム−塩化物強塩泉
泉温 源泉28.9度
PH 7.6
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

八郎潟の北側、海水浴場から少し内陸に入ったところの高台に建つ砂丘温泉ゆめろんは、宿泊と日帰りの両面の顔を持つ温泉施設です。メロンはこの地域の名産でもあるようで、そんなところからネーミングされているのですね。とても大きな温泉施設で、地元の方々にも観光客にも人気がある施設のようです。夕陽が綺麗に眺められることも自慢のひとつのようですが、今回は陽もすっかりと暮れてしまった夜間に訪れることになりました。
駐車場はけっこう広々としていて、平日の夜にもかかわらずそこそこいっぱいになっていました。建物はそれなりに大きなものなのですが、なんだか農協というか役場みたいな印象があり、温泉施設っぽくないような雰囲気です。館内に入ると右手に受付、左手にシューズロッカーがありました。正面左側にはレストラン、そしてその奥に広間の休憩所があります。右手側は宿泊施設のようです。温泉だけでなく多目的に利用できる施設のようですね。
正面に階段があり、そこを上がると浴場があります。脱衣所は棚にカゴ、そしてコインロッカーが用意されています。洗面台がゆったりとしているのは好印象です。浴場は手前側の一角に洗い場、そして手前壁側から奥にかけていくつかの湯舟が並んでいます。料金がとても安いので石鹸類はないかと思っていたら、ありがたいことにボディソープとリンスインシャンプーが用意されていました。とてもコストパフォーマンスのいい温泉施設のようです。
湯舟は手前から水風呂、寝湯、ジェットバスと続いていますが、これらはどれも無色透明です。ところが奥の窓際にある大きな湯舟は、オレンジ色っぽく見えます。近づいてみると、オレンジというよりは、透明感があるので琥珀色というか、煎れたての麦茶のような色をしていました。こちらがどうやら天然温泉のようです。浴室内がけっこう蒸していることもあるのですが、湯舟の湯もちょいと熱めに感じます。
しっとりとした重厚感のある湯で、スーッと肌に滲みこんで潤うような感覚もありました。舐めてみるとけっこう塩辛い湯のようです。まるで汗のようなしっかりとした塩味がありました。さすがに塩分を多く含むだけあって、汗が一気に吹き出るほど、体の内側からジワジワと熱くなってきました。しばらくするとすっかり茹ってしまって、ぬる目の湯舟が欲しくなりました。隅には少し小さめに区切られた湯舟もあります。
そちらの方がぬるいかと思ったのですが、そちらは少し浅いだけで温度は同じくらいです。ぬる目の湯舟か、露天風呂があると気持ちいいだろうなと思いました。浴後はまったりとくつろぎますが、やはり温熱効果で汗だくになります。夏場は水風呂で体を冷ましてから出るとちょうどいいかもしれませんね。浴後はリフレッシュルームでくつろいだり、メニュー豊富なレストランで食事をしたりと、存分に楽しむことができるようです。人気があるのも納得の温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.