池の平温泉・いもり池あし湯(新潟県) 
いけのたいらおんせん・いもりいけあしゆ

DATA
所在地新潟県妙高市池の平
入浴 2013年6月
形態 足湯施設 混浴
脱衣所なし
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

妙高高原にある池の平温泉は、冬にはスノーリゾートとして人気の高い温泉地です。また、自然豊かなロケーションの中、四季を通じて風光明媚な眺めを楽しめる景勝地としても有名です。その中でも、ちょっとした散歩コースが整備されている「いもり池」は、人気の観光スポットのひとつです。周囲が500メートルほどの小さな池で、もともとは湿地帯だったものを池として整備されたもののようです。
一周わずか10分ほどの小さな池ですが、ミズバショウの群生も見られたり、また、妙高山が背後に迫るなど、見所満載です。そのいもり池のすぐ傍らに足湯があります。池の入口にはレストハウスがあり、その目の前にありました。シーズンにもよるのかもしれませんが、けっこうしっかりとした足湯施設なのに、このときは無料で開放してくれていました。
石造りの長方形をした大きな湯舟で、簡易的なテントの屋根が全体を覆っています。湯舟の中ほどにも腰がかけられるような石があるので、多少混雑していても余裕がありそうです。無色透明の湯ですが、フワフワと湯の華のようなものも舞っています。プンッと香る硫化水素系の臭いもインパクトがありました。しっかりと硫黄泉っぽさが感じられる湯です。
湯舟の底には石が埋め込まれたコンクリートの湯舟で、ゴツゴツとした感触もなかなかいいものです。大きな湯舟ながらも湯の温度は高く、足湯するにはちょうどいい感じです。その分、注がれる湯の温度は高温なので、火傷しないように注意しましょう。場所柄とても景色のいいところです。池までは数十メートルほど離れていますが、池の周りの景色や山々を眺めながらホッと一息つくことができます。
ゆっくりと散策をしたあとで、足湯でまったりするのがいいでしょう。売店ではソフトクリームも売っていて、冷たいソフトクリームを舐めながらほっこりと足湯を楽しむこともできます。湯舟は頻繁に清掃されているようで、とても清潔的なのですが、座る場所が汚れやすいので、気になる人は下に敷くものを用意しておくといいかもしれません。旅の途中でちょっぴり温泉気分を楽しみましょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.