池の平温泉・妙高の森(新潟県) 
いけのたいらおんせん・みょうこうのもり

DATA
所在地新潟県妙高市大字関川
源泉名南地獄谷
入浴 2013年6月
泉質 単純泉質
泉温 源泉62.3度
形態 観光旅館 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

妙高高原の池の平温泉は、冬はスノーリゾートとして人気の高いエリアです。また、夏は避暑地として多くの観光客で賑わいます。妙高の森は和風モダンなスタイルの大きな宿泊施設です。新緑の眩しい6月はじめ、高原の爽やかな空気を感じながら休暇を楽しみにやってきました。今回は宿泊ではなく立ち寄りでの入浴です。日曜日の昼前ぐらいに辿り着きましたが、意外にも駐車場はガランとしていて人の気配を感じません。
大きな宿泊施設なので、余計にそう感じたのかもしれません。恐る恐るフロントに向かうと、しっかりと営業していて、快く入浴を受け入れてくれました。館内では入口でスリッパに履き替えての移動となります。浴場は案内にそって奥へと向かった階下にありました。さすがリゾート地のホテルだけあって、ゆったりとした雰囲気があります。脱衣所もゆったりとしていました。
他に客はいないのかと思っていたのですが、実際には先客が数名、出る頃にも数名の入浴客がありました。浴室に入ると照明の落ちた薄暗い雰囲気があります。窓がなくゴロタ石の石垣に囲まれているので、洞窟のような雰囲気もあります。しかしながら、陰気臭いとかそういう雰囲気ではなく、落ち着いた大人のムードという印象です。正面には大きな湯舟があり、左右2つに区切られています。
左側の湯舟はジャグジーになっています。無色透明のサラッとした湯です。右側の湯舟は少し大きめの湯舟ですが、こちらも同じ無色透明ながらも、わりと熱めの湯です。じんわりと汗が吹き出るぐらい熱めの湯でした。浴室は内湯ながらもけっこう広く、右奥へと続いています。右側は天窓があり、そこだけ明るく照らされています。
そこにも湯舟があるのだろうと近づいてみましたが、そこには手前側に洗い場があるものの、奥には植物が植わっているだけで湯舟はありません。ディスプレイ的な空間のようです。その脇には露天風呂があるようです。扉を開けてさっそく外に出てみますが、外気が入り込んで清々しい空気が漂いますが、壁も天井もあるので、露天というような雰囲気ではありませんでした。
こちらは巨石に囲まれた岩風呂になっていますが、何故だか桧の香りがします。湯舟には木材は使われていないようなので、どうしてそんな香りするのか不思議です。天井部分に木の板が使われていましたが、それだけでこんなに香るのでしょうかね。ちなみに露天の湯が一番ぬるく感じます。実際には同じ湯のようですが、温度を変化させて好みに対応しているようです。
そういえば、お湯は見た目にも浴感的にも特色の薄いような湯でしたが、何故だかとてもフラフラと気だるさを感じます。体の内側から温まっている感じです。見た目以上にしっかりと温泉している湯なのでしょうね。浴後はレストランで食事をすることにしました。ランチのメニューも用意されていて、とても美味しくリーズナブルに食事を楽しむことができました。宿の雰囲気がいいので、宿泊してのんびりと過ごすのもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.