斑尾高原温泉・まだらおの湯(長野県) 
まだらおこうげんおんせん・まだらおのゆ

DATA
所在地長野県中野市永江
入浴 2013年6月
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 源泉25.2度
PH 8.9
蒸発残留物186mg/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

長野県と新潟県に跨る斑尾高原は冬になると多くのスキーヤーで賑わうスノーパラダイスです。長野県中野市の北部、斑尾高原の南部に位置する豊田スキー場の近くに日帰り温泉施設の「まだらおの湯」があります。梅雨入りしたばかりですが、たまたま晴れ間が広がった休日に訪れることができました。とっても細い山道の途中、大池という池の先にその温泉施設はあります。
新緑が眩しく、ところどころ藤の花が見える、自然いっぱいの山の中です。どんな寂れた温泉施設があるのかと不安になる頃に施設が見えてきたのですが、これがまたしっかりとした綺麗で立派な建物です。駐車場もゆったりとしていてそこそこの規模を持つ温泉施設でした。建物は平屋建てで横に長い施設です。館内に入るとすぐに受付があり、左手奥に向かうと浴場、中央部分は地元の物産を扱った売店、そして右奥には食堂と休憩室がありました。
スキーシーズンでもなく、夏の避暑には早い時期だったのですが今日は休日です。こんな立派な施設にもかかわらず、訪れる客が少なかったのは意外でした。まぁ、その分ゆっくりと気兼ねなく過ごせるのでいいのですが、もったいない気がします。さっそく浴場に向かうと、脱衣所は木造の簡易ロッカーの並んだ、明るく清潔的、ゆとりのある空間です。
貴重品用のロッカーは別に用意されていました。浴室も横にゆったりとしたタイプで、内壁側にボディソープ、リンスインシャンプーの用意された洗い場、外側のガラス窓際に横に長い湯舟があります。右側にはサウナ、それから露天への出入口がありました。ガラス窓が大きいので、内湯からはガラス越しに外の景色が見えますが、外は森が広がっているだけなので、自然を味わいながらの入浴という感じでしょうか。
無色透明の湯で、サラサラというかスルッと軽い感じの湯です。比較的おとなしい湯といった印象です。でも滑らかな湯なのでとても好印象の湯でした。露天風呂は岩風呂ですが、ちょいと小さめの湯舟です。目の前が森なので、虫がたくさんいますが、これもまた自然の中の醍醐味という感じですね。晴れたとても暖かいというか暑いくらいの日でしたが、さすが高原の風は清々しくとても冷たく感じます。
とても露天が過ごしやすくて気持ちいいです。また目の前の森も白樺の木の林なので、高原の中の森という雰囲気も楽しめました。こういった施設ですが、意外と消毒臭も感じずとても過ごしやすい温泉でした。浴後はゆったりと休憩できる広間がいいですね。人が少なかったのでのんびりと過ごさせていただきました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.