水沢温泉・田沢湖高原リゾートホテルニュースカイ(秋田県) 
みずさわおんせん・たざわここうげんりぞーとほてるにゅーすかい

DATA
所在地秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野
源泉名水沢温泉(1.2.3.4混合)
入浴 2013年5月
泉質 単純硫黄泉
泉温 源泉58.5度
湧出量毎分1,000リットル
形態 公共の宿 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、神経痛など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

田沢湖の東、駒ケ岳の山麓にある水沢温泉は、ホテルやペンション等、たくさんの宿泊施設が整うレジャー温泉スポットです。温泉街の一角にある田沢湖高原リゾートホテル「ニュースカイ」は、秋田労済直営の公共の宿です。日帰り温泉も積極的に受け付けてくれる宿ということで、今回は立ち寄りでの入浴で訪れてみました。
ちょっとゴミゴミとした温泉街ですが、ここは駐車場もゆったりとしていて、がっしりとした大きな鉄筋の建物が出迎えてくれていました。いかにも公共の宿という雰囲気があります。訪れたのが週末ということもあって、近くの露天風呂はとても賑わっていましたが、こちらは逆に空いている印象です。混雑しているのは嫌なので、ちょうどよかったです。
浴場は地下にあり、エレベータで降りていくとそのすぐ正面にちょっとした休憩のロビーがありました。地下ということですが、目の前は大きなガラス窓になっていて、杉林が広がっていました。山の斜面に建つ宿のようです。大浴場は四季の湯と名付けられていて、突き当たりの左右に男女別に浴場入口がありました。脱衣所には棚にカゴがシンプルに並んでいます。貴重品は浴場の前にあるコインロッカーを利用するようになっていました。
内湯に入ると、プンッと硫化水素系のくすぐるような軽い感じの臭いが漂っています。レンガ調の壁に、石畳の床、余計なもののないオーソドックスな造りの内湯ですが、とてもゆったりとした印象です。正面には大きな湯舟があり、湯舟の中には大きな柱が建っていて、空色に濁った湯がありました。ホテルの名称のニュースカイがここから来ているのかはわかりませんが、まさに空色の湯がとてもマッチしているように感じました。
透明度はそこそこあるようで、底がギリギリ見えるぐらいなのですが、その湯舟の底にはクリーム色をした湯の華が沈殿しています。そっとかきまぜてみると、ふわっと舞い上がってみるみる透明度がなくなって真っ白になっていきます。おがくずのような繊維状の湯の華で、煙のように舞う感じがお味噌汁をかきまわしたようなイメージですかね。湯は源泉掛け流しなのだそうで、湯舟の湯はそのまま溢れ出していて、鮮度抜群といった感じです。
外側には露天風呂もありました。こちらもなかなか開放的な雰囲気を味わえるワイルドな露天です。そんなに大きくもない小さな湯舟ですが、目の前の杉林を眺めながらの入浴は温泉を爽やかに楽しめます。自然を感じながらのんびりと浸かることができました。季節柄、虫が多かったのですが、それも自然を楽しむ醍醐味ですかね。自然を楽しみながら入れる温泉でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.