乳頭温泉郷・休暇村乳頭温泉郷(秋田県) 
にゅうとうおんせんきょう・きゅうかむらにゅうとうおんせんきょう

DATA
所在地秋田県仙北市田沢湖駒ケ岳
源泉名1号、2号、4号混合泉
入浴 2013年5月
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温 源泉59.1度
PH 5.4
形態 公共の宿泊施設 男女別
効能 切り傷、慢性皮膚炎、慢性婦人病、高血圧症、糖尿病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
野趣度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

十和田湖の北東、乳頭山の山麓に湧く乳頭温泉郷は、個性的な温泉地が点在する人気の温泉地です。それぞれ秘境とも呼ぶにふさわしいような辺鄙なところに位置していて、秘湯ムード満点の温泉郷です。古くからの湯治場を偲ばせるような風情ある佇まいの宿が多い中で、近代的な設備で異色をはなっているのが休暇村乳頭温泉郷です。
温泉郷の玄関口に建つ鉄筋の大きな建物で、華やかな雰囲気とモダンなスタイルで、湯治客でない一般の方々にも広く利用されているようです。秘湯的な雰囲気はないながらも、ぶな林に囲まれ自然を満喫しながら快適に旅情を楽しむことができる宿です。日帰りでの入浴も受け付けているので、観光ついでに名湯を楽しむこともできます。浴場にはエレベータで3階に向かいます。長い廊下の突き当たりまでいくと、休憩ロビーと浴場の入口がありました。
ロビーには天然水の冷水機も用意されているので、浴後の水分補給も楽しみですね。さすが近代的な施設だけあって、脱衣所もゆったり広々としています。洗面台も広々としていて清潔的、そして小物が入る貴重品ボックスも用意されていました。浴場は縦に細長いタイプで、右側が洗い場のエリア、左側の窓際に大きな湯舟がありました。湯舟は手前と奥とで2つに区切られていて、それぞれ見た目の色が違います。
手前側の大きい方の湯舟は「乳頭の湯」と書かれていて、茶色に濁った湯でした。透明度は60センチほどでしょうか、ツルッとした浴感があり、とても滑らかな印象の湯でした。奥の小さめの湯舟には青白く濁った湯で、田沢湖高原温泉が利用されているようです。2種類の源泉を引いてきているのですね。どちらもぬる目の湯になっていたので、とても入りやすい温度です。
とても近代的な宿ですが、浴場はみちのくの湯治場を髣髴させるような演出があり、とても落ち着いた雰囲気がありました。奥には露天風呂もあるようです。こちらは青白い湯だったので、田沢湖高原温泉が利用されているようです。露天は大きな屋根がついていて、周囲はブナ林に囲まれています。ずっと奥まで続くブナ林を眺めながら、森林浴気分で温泉に浸かれます。森を吹き抜ける風というのは、街中の風とは爽やかさが違いますね。
新緑のはじまったばかりの季節だったので、すぅ〜っと肺に広がるようなメントールのような清々しさがたまりません。原生林なのかとおもいきや、ここは植林された二次林なのだと先客がウンチクを語ってくれました。大自然に囲まれた印象がありましたが、森林破壊からの回帰が図られているのですね。観光にも静養にも適した環境にあるので、登山やハイキング、湯巡りなど、リゾート気分で自然を満喫できる宿だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.