ぬくもり温泉・ぬくもりの里NUC(岩手県) 
ぬくもりおんせん・ぬくもりのさとぬっく

DATA
所在地岩手県岩手郡雫石町長山岩手山
源泉名ぬくもり温泉(ぬくもりの湯)
入浴 2013年5月
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
泉温 源泉37.1度
PH 7.5
ラドン含有量2.18x10-10キュリーラドン
形態 温泉宿 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

有名無名問わず、たくさんの個性的な温泉が点在する雫石町。その北部、網張温泉の少し南にぬくもり温泉NUCがあります。パターゴルフ場やテニスコート、多目的広場などを備えたリゾート型の宿泊施設で、森に囲まれた静かな環境にあります。また、銘牛雫石牛のステーキも味わえるというグルメの宿としても人気があるそうで、スポーツやレジャー、観光の拠点としてとても人気があるようです。そして一番の「ぬくもり」は何と言っても温泉です。
ここは日帰りでの入浴も受け付けているので、気軽に立ち寄ることができます。東北にもようやく春らしさが訪れた5月、爽やかな週末に立ち寄りで訪れてみました。館内に入るとまずはシューズロッカーです。ここでスリッパに履き替えて館内に入ります。近代的なホテルにしては、なんか珍しいシステムですね。フロントで入浴料を払うと、さっそく浴場に向かいます。浴場と書かれている案内に従って奥へと進んでいくと、廊下の突き当たりに男女別の浴場入口がありました。
その前には飲料の自販機やマッサージ器、ベンチもあるので、ちょっとした休憩や待ち合わせにも便利です。脱衣所は棚にカゴ、そしてゆったりとした洗面台があり、貴重品用の鍵付きロッカーも用意されています。ホテルの脱衣所としては可もなく不可もなくという感じでしょうか。浴室は内壁側に洗い場が並び、正面に横に長い大きな湯舟がひとつあります。規模としては中くらいですかね。
あまり混んでいなかったので、とってもゆったりとした雰囲気です。内湯の奥にサウナらしい入口があります。中に入るとさらに奥に扉があり、そこは露天に作られた水風呂でした。筒状の小さな湯舟と、板壁に囲まれた空間がとても不思議な感じです。後から増築されたのですかね。さて、また内湯にもどりさっそく湯舟に浸かります。湯は無色透明でしっとりとしていながらも、あまり癖のないさっぱりとした湯です。
奥の岩を組んだ湯口から滝のように湯が流れていますが、恐らく循環されているのでしょう。でもけっして悪い印象はない湯ですが、ジャバジャバとちょっとうるさく感じました。外には露天風呂があります。露天へと出るとこちらは大きな湯舟を男女で仕切ったような造りの岩風呂でした。湯舟に浸かってしまうと空意外何も見えなくなりますが、露天のすぐ外側には森の中のベンチや、テニスコートが広がります。
また、ちょうど目の前の視界が開けていることもあって、遠くの山々が見渡せて、眺めも悪くありません。日中だったので、日光浴をしながら湯を楽しめました。今回は週末の真昼間に訪れたのですが、とにかくとても空いています。週末はレストランも営業しているようなので、のんびりと過ごすには穴場的な存在かもしれません。雫石周辺は観光スポットも多く、ここなら拠点としてどこに行くにも便利です。のんびりと雫石観光を楽しむのもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.