橋場温泉・雫石あねっこ(岩手県) 
はしばおんせん・しずくいしあねっこ

DATA
所在地岩手県岩手郡雫石町橋場
源泉名橋場温泉(新はしばの湯)
入浴 2013年5月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉46.3度
PH 8.6
ラドン含有量2.97×10-10キュリーランド/kg(0.32マッヘ/kg)
形態 道の駅の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

盛岡から秋田県の田沢湖方面へと向かう国道46号線沿い、県境まであと少しという山の中に道の駅「雫石あねっこ」があります。情報ステーションやトイレだけでなく、レストランや物産売店、ハーブ園やキャンプ場、そして温泉施設まで備えたとても大きな道の駅です。休日ともなると大勢の観光客でごった返すほど、人気のレジャースポットとなっています。もちろんその中での目的は温泉施設ということで、混雑を避けて平日の夜に訪れてみました。
山の中とはいえ本当に大きな道の駅で、駐車場もすごく広いです。温泉施設はその中でもずっと奥の方にあります。館内に入ると天井の高い広々としたロビーがあり、フロントで受付をします。広間の食事処や休憩室もあり、のんびりと1日楽しむこともできるようです。脱衣場は鍵付きのロッカーが並びます。施設の規模のわりにやや小ぢんまりとした印象をうけました。今回はとても空いていたのでまったく気になりませんでしたが、週末などの混雑する時間帯とかだと狭く感じるかもしれません。
浴室はタイル張りのオーソドックスなスタイルですが、天井が高くて内湯ながらもこもった感じはありません。手前側に洗い場がならんで、正面に大きな長細い湯舟がありました。内湯には湯舟はこのひとつだけのようです。体を流してさっそく湯舟に浸かりに行きますが、床が滑りやすくなっているので要注意です。早く温泉に浸かりたいものだからって、焦ってしまうとダメですね。お湯は薄〜いウグイス色というのでしょうか、微妙に黄色っぽく色づいた湯です。
見た目にもいい感じだなぁと思いながら湯舟に浸かると、これがまた「おっ」と思わず口に出してしまいそうなインパクトのある浴感に驚きます。それというのも、ツルツル、いやヌベヌベって感じでしょうか、肌にオイルを塗っているかのような、すごく滑らかな浴感があるのです。お湯そのものはサラサラとしているのに、お湯の中で石鹸が溶けていくように、自分もこのまま溶けてしまうのかと思うぐらい、気持ちいい湯です。これはなかなかいいですね。
湯舟の目の前は大きなガラス窓で、そこからは中庭が見えるようです。今回は夜間だったので真っ暗で何も見えません。川沿いにあるのですが、塀があるので外の景色は見えないようです。浴室には隅にサウナと水風呂もあります。それから脇には露天風呂もあります。露天は木造の屋根がついた、ちょっと小さめの湯舟です。こちらも内湯と同じようにヌルッとした湯を味わうことができます。それから何と言っても清々しい山の空気を味わいながら湯を楽しめます。
こちらは露天を取り囲むように壁があるので、何の景色も味わえないのが残念ですが、やはり外気を浴びながらの入浴は気持ちいいですね。さすがにこれだけインパクトのある湯ならば、人気がでるのもうなづけます。週末は混雑してしまうかもしれませんが、とってもいい湯だし、立ち寄りやすい場所なので、ドライブがてら遊びに来てはいかがでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.