浜館温泉・フラワー温泉 浜館本店(青森県) 
はまだておんせん・ふらわーおんせん はまだてほんてん

DATA
所在地青森県青森市浜館
入浴 2013年5月
泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
泉温 源泉46.2度
PH 8.2
形態 公衆浴場 男女別
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

フラワー温泉「浜館本店」は、青森市の郊外、青い森鉄道の東青森駅から徒歩10分ほど、住宅街にも隣接した通り沿いにある日帰り温泉施設です。モダンな感じのネーミングですが、わりと地味なタイプの温泉浴場です。地味といっても、夜になるとネオンがけっこう目立って派手な印象がありました。館内に入ると下足箱、そして広いロビーと受付があります。ロビーの奥にはマッサージもあるようです。
平日の夜7時頃に訪れたのですが、広めのロビーにはたまたまなのか誰もいなかったので、ずいぶんと空いているなという印象を受けました。ところが脱衣所に入ると、たくさんの人で賑わっています。ガラス越しに見える浴室内もいっぱいです。空いているわけではなかったようですね。脱衣所は木造の簡易的な鍵付きロッカー、スチール製のコインロッカー、そして脱衣カゴがあり、すごくゆったりとした空間です。
街中の銭湯をひとまわり大きくしたようなイメージでしょうか。やや年季を感じつつも、シンプルな分だけ清潔的な印象を受けました。脱衣所にはVIPルーム入口(一般の方はお断り)の扉があるのですが、なんだかとても気になります。従業員しか出入りしていなかったので、真相はわかりませんでした。浴室はタイル張りの一見普通の内湯です。周囲には洗い場が並び、中央に大きな湯舟、そして奥にも湯舟があります。
手前側にはサウナもありました。露天風呂などはないので内湯のみですが、いくつも湯舟があります。スーパー銭湯というほどの施設ではありません。やはり街中の銭湯を大きくしたような印象の浴室でした。ここは洗い場は湯水のカランとシャワーがついているだけで、ボディソープ、リンスインシャンプー類は用意されてはいません。値段も銭湯料金なので文句はありません。
ここで面白いなぁと感じたのは、カランの数です。とにかくいたるところにカランが並んでいます。壁際に並んでいるだけでなく、湯舟の仕切り壁の裏や、なんと一番奥にある湯舟のところには、湯舟の縁の部分にまであるのです。なんか珍しい光景です。さて肝心の湯舟ですが、中央にある大きな湯舟にはその中央のボックス型の湯口からドバドバと無色透明の湯が注がれています。
それなりに湯舟からも溢れ出ているので、それなりに掛け流されているのでしょう。その裏手には寝湯とジャグジーがあります。そして一番奥には長細い湯舟がありましたが、こちらはけっこうぬるいというか冷たい湯舟でした。冷たいといっても水風呂は別にあります。そっちはかなり冷たいです。なので、長い湯舟は中途半端につめたい湯舟でした。また、妙に濁っている印象があります。
汚れているだけなのか、温泉の成分によるものなのかは不明です。ちなみにはじめとても混雑していた浴場ですが、8時を過ぎたあたりから急に空いてきました。ほとんどは地元の方のようですので、仕事帰りに立ち寄ったのかもしれません。なんでもないようなほんと素朴な雰囲気なのだけど、妙に気に入ってしまったローカルな温泉銭湯でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.