古川温泉・青森まちなかおんせん(青森県) 
ふるかわおんせん・あおもりまちなかおんせん

DATA
所在地青森県青森市古川
源泉名古川源泉
入浴 2013年5月
泉質 ナトリウム−塩化物泉
泉温 源泉45.1度
形態 ビジネスホテル併設の温泉施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

青森駅から徒歩10分ほど、国道7号線沿いにある青森まちなかおんせんは、ビジネスホテルに隣接した日帰り温泉施設です。駅から徒歩ですぐということで、観光ついでにぷらっと立ち寄ってみるのにも便利な温泉施設です。ビジネスホテルに併設しているというので、少し入りづらい印象を持っていたのですが、辿り着いてみると近代的な銭湯というような雰囲気で、とても入りやすい印象です。
ビルの一角にあり、玄関を入って受付を済ますと、階段をあがって2階に浴場の入口がありました。1階には食事処も併設されていたり、キッズコーナーやマッサージコーナーもあるので、ゆっくりと過ごすのにもいい感じのところです。脱衣所はコイン返却式のロッカーが並びます。洗面台もゆったりとしていて、広々とした雰囲気がありました。やけに脱衣所が広いなぁと思ったら、浴室に向かう長いスロープも用意されています。
車椅子のためのバリアフリー構造になっているようです。脱衣所に入ると、まずは円形の大きな湯舟があります。これはかなり浅い湯舟になっています。足湯なのかと思いきや、全身で入浴している人がいるので、寝湯のようです。その奥にはサウナと水風呂、そしてお茶の風呂がありました。お茶の風呂には布袋が浮かんでいて、中には茶葉が入っているようです。お茶の中に浸かるなんて、なかなか面白いですね。
さらに奥へと進むと、大きな主浴槽、そして洗い場のエリアとなっていました。洗い場にはボディソープとリンスインシャンプーが用意されていましたが、なんだかとても薄いような気がします。なかなか泡立たないと、その分だけ大量に使うので薄めても意味ないと思います。主浴槽はゆったりとしていて、とても大きなものです。大きなガラス窓際にあるので、とても明るくてのびのびと浸かれます。
湯はほとんど無色透明ですが、微妙にツルッとする滑らかな湯です。浴室が蒸しているせいか、とても汗だくになるのですが、温泉の効果もあるような気がします。浴室は全体的にオーソドックスというか、小さなスーパー銭湯のようなシンプルなものですが、壁のところどころに青森の方言(津軽弁?)が書かれたパネルが貼られていたり、市内の観光マップがあったりと、やはり観光客を意識したような演出もありました。
観光地図があるのはいいですね。するとすぐ近くに「のっけ丼」の食べられる市場があるというのを知ったので、浴後にはさっそく行ってみることにしました。こんな風に地域の情報を入手できるというのは、地域性が感じられてとてもいいですね。さて、浴場には露天風呂もあります。ビルの一角ですが、しっかりと露天もあるようです。露天は岩風呂になっていて、露天エリアの半分はデッキチェアの並ぶ、レストエリアとなっていました。
湯は内湯よりも若干ぬるい気がして、また、なんだかこっちの方がツルッとした浴感が強く感じるような気がしました。循環の違いなのか、気のせいかわかりませんが、露天でこの浴感はなかなか気持ちがいいですね。内湯では汗だくでしたが、やはり外気を浴びながらの入浴は最高です。爽やかな東北の風を浴びながら、旅情を感じることができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.