渤海温泉・シーサイドヴィラ渤海(石川県) 
ぼっかいおんせん・しーさいどびらぼっかうい

DATA
所在地石川県羽咋郡志賀町富来領家町
入浴 2013年5月
泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温 源泉30.1度
湧出量毎分205リットル
PH 7.8
形態 ホテル併設の温泉浴場 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

能登半島西側にある道の駅「とぎ海街道」に隣接するシーサイドヴィラ渤海は、ガラス張りの大きなピラミッド型の屋根が印象的な温泉リゾートホテルです。規模はそんなに大きいわけでもありませんが、シャープな雰囲気があり、レストランやホールなど、多目的でとても高級感のある施設です。レストランはランチもなかなか魅力的なメニューが揃い、宿泊だけでなく立ち寄りでの利用も可能です。
そして館内にある温泉浴場は、日帰りでの入浴も積極的に行っているので、ドライブのついでに立ち寄ることも可能なのです。ホテルにある温泉施設なので、ちょっと敷居が高いかなと思いきや、ホテルのエントランスとは別に温泉浴場専用の出入口が脇にあるので、気軽に立ち寄ることができます。温泉の玄関を入ると下足箱が並んでいますが、大きな木札の鍵がモダン・レトロな雰囲気を出していました。
館内は受付の前にちょっとしたロビーがあり、ロビー奥に男女別に浴場入口がありました。ロビーには「渤海」のネーミングの由来が書かれています。それによるとこの地がかつて大陸にあった渤海との交流があった地であることから名付けられたのだそうです。浴場はまず内湯があり、その奥に露天風呂があります。
内湯は手前側と側面にボディソープ、シャンプー、コンディショナーの用意された洗い場が並び、正面には大きな湯舟がひとつあります。また、湯舟の脇にはサウナもありました。サウナは反対側にも出入口があって、そこを出ると露天風呂へと出られます。内湯と露天、その双方からサウナを利用できるということですね。内湯は意外とシンプルな雰囲気ですが、個性的なのは露天風呂です。
露天はまず、一段高くなったところにジャグジーがあります。バブルバスではなく、しっかりとしたジャグジー風呂です。そして露天の一番奥には横に細長い湯舟がありました。こちらは壁からボウルのようなものがズラリと並んで突き出ていて、そこから湯が注がれています。それぞれ神話の神様なのでしょうか、模様というか絵がかかれていました。また、その壁面なのですが、なんとも不思議な雰囲気の大きな壁画が描かれています。
小島の浮かぶ海の上空に船がいくつか飛行しています。また、月なのか太陽なのか、空には大きな星が浮かんでいます。空を飛んでいる船も、古風なのか未来的なのかわからないような形状をしていて、全体的に神秘的な雰囲気があります。ロビーの説明によると、神話の世界を表現したもののようです。その他、露天にはいくつか湯舟らしき跡があるのですが、湯が入っているのはジャグジーと壁画の湯だけです。
あとはサウナ脇に水風呂があったぐらいでしょうか。すでに使われなくなってしまったのか、今回がたまたま入っていなかっただけなのかは不明です。湯は無色透明で、見た目にも浴感もあまり気になる特徴はありませんでした。消毒臭がそれなりにあったので、循環もしているのでしょう。しかしながら、ホテルの雰囲気はいいですし、海はすぐ背後にあるので、海遊びのシーズンにはとても重宝する温泉施設となるでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.