黒部川明日温泉・バーデン明日(富山県) 
くろべがわあけびおんせん・ばーでんあけび

DATA
所在地富山県下新川郡入善町舟見
入浴 2013年5月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉
泉温 源泉45.5度
掘削深度688.2メートル
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

北陸自動車道朝日インターからクルマで15分ほど。宇奈月温泉へと向かう途中の田園地帯に明日温泉があります。「明日」は「あした」でも「あす」でもなく、「あけび」と読むそうです。バーデン明日は和風でも洋風でもない、役所的な雰囲気のある温泉宿です。中規模程度の宿ですが、会食や宴会でも利用されるような多目的に利用できる宿という印象を受けました。食事や入浴だけの利用も気軽にできるそうで、ぷらりと立ち寄ってみました。
館内に入ると受付のすぐ左側に自動券売機とシューズロッカーがあり、フロントで受付をします。浴場は正面廊下の突き当たりにありました。ホテルというよりはセレモニーホールのような雰囲気があります。ちょうど法事か何かの団体さんがいたので、余計にそう思ったのかもしれません。脱衣所はわりとゆったりとしていて、大きなカゴが棚に並んでいます。さっそく浴場に向かうと、まずはサウナが二つ並びます。
手前が高温サウナで隣がミストサウナでした。そこから細長い浴室があり、そこには片側が洗い場で反対側に水風呂、打たせ湯、寝湯などの効果浴が並んでいました。バーデンという名ですが、特別大きな施設でもないようです。しかし、さらに奥に浴室は続いていて、少し広くなったところに大き目の湯舟、それから一番奥にガラス窓に囲まれた明るい湯舟がありました。
露天風呂はないのかとそれらしき扉を探しますが、途中にある扉はメンテナンス用なのか閉まったままで、外に出る方法はありません。まぁ、こんなものかなという感じですかね。湯は無色透明で見た目には大人しい印象ですが、軽くツルッとする滑らかな湯です。少々熱めだったこともありますが、温熱効果は高いようで、気だるさを感じるほどあたたまりました。しばらくゆっくりと入ったところで上がろうと脱衣場に向かうと、露天風呂は反対側にありますと書かれています。
よく見ると、脱衣所の反対側に露天風呂と書かれた階段があるではありませんか。階段をあがるようにしてあるので、2階にあるのですかね。裸で向かっていいのかよくわかりませんが、そのまま奥に進みます。すると今度は降りる階段です。そして外へと出る扉がありますが、さらにそこから長くのびた通路がありました。その通路を抜けるとようやく露天風呂です。
どんな感じの露天風呂かとわくわくしながら外へと出ると、これがまた広くてゆったりとした大きな岩風呂です。内湯とはイメージがずいぶんと違い、とても雰囲気がいいというか、風情のある湯舟です。さっそく浸かってみると、内湯よりもツルッとした浴感が強いような気がします。これはなかなかの良泉ですね。最後に気付いてよかったです。最初に気付けばもっと楽しめたのになぁと思いつつも、しっかりと露天も楽しんできました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.