相間川温泉・ふれあい館(群馬県) 
あいまがわおんせん・ふれあいかん

DATA
所在地群馬県高崎市倉渕町水沼
源泉名相間川温泉 せせらぎの湯
入浴 2013年4月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物強塩温泉
泉温 源泉64.3度
PH 6.47
蒸発残留物23.8g/kg
形態 国民保険保養施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆☆
秘湯度☆☆☆
異色度☆☆☆☆
湯治度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

榛名山の南西にある相間川温泉は、のどかな景色の続く倉渕町にある温泉施設です。山間の静かなところにポツンと佇む一軒宿で、宿泊の他、日帰りでも人気のある温泉宿なのだそうです。前々からずっと気になっていて、ようやく今回訪れることができました。国道からは脇道に入っていくものの、案内看板があるのでアクセスはわかりやすいです。ところが、途中からちょっと細めの道になるので秘湯ムードも感じさせるロケーションです。
そんなに大きな施設ではないものの、ログハウス調のセンスのいい建物が見えてきました。受付を済ますと奥に食堂があり、そこを突き抜けるように回り込むと、温泉浴場がありました。この食堂のある建物と浴舎は別になっているようで、渡り廊下のようなもので繋がっていました。脱衣所は鍵付きのロッカーが並びます。少し小ぢんまりとした雰囲気はあるものの、そんなに大きな施設でもないので、十分な広さという感じです。
脇の大きな扉の奥が浴室なのですが、ちょっと変わったタイプの扉で、引き戸なのか開き戸なのかがわかりにくい仕様でした。浴室はまず内湯がありますが、手前側に洗い場、そして奥に湯舟がある小ぢんまりとしたものです。湯舟はそこそこ広めで、金網が敷かれた箱状の湯口から湯が大量に注がれていました。湯は無色透明ながらも、若干の濁りのある湯でした。また、湯舟の脇とかは茶色に変色しているので、それなりに存在感をアピールした湯になっていました。
見た目ではそんな程度なのですが、浸かってみるとさらにその独特な存在感に驚かされます。それというのも妙な油臭があるのです。とても個性的な臭いで、けっこうインパクトがありました。サラッとした滑らかな浴感といい、濃厚な臭いといい、なかなか大したものです。この施設には露天風呂もあります。脇のところから出ようとすると、そこには長湯に注意するように書かれていました。温泉が濃すぎるので、のぼせやすいとのことでした。
内湯とは何か違うのかな?と外に出てみると、なるほど露天風呂は濃厚な赤茶色の湯なのです。透明度は5センチもないような濃い湯です。あとでパンフを見てみると、内湯は銀泉、露天は金泉と書かれています。源泉が違うのかと思いきや、そうではなくて単純に内湯は濾過した湯、露天は源泉そのままの湯のようです。露天は大きな岩風呂になっていて、内湯に比べ若干ぬる目にも感じました。
こんなに個性的な湯なのだから、当然のことながら人気があるようで、常連らしき人たちがたくさんいました。長湯はするなと言われても、露天なので過ごしやすく、ついつい長くなってしまいますよね。雰囲気もとてもいいですし、とてもいい温泉を見つけたという嬉しい気分でいっぱいになりました。環境的にもいい場所なので、宿泊でのんびりと過ごしてもいいかなと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.