禰宜の畑温泉・やまびこ荘(静岡県) 
ねぎのはたけおんせん・やまびこそう

DATA
所在地静岡県賀茂郡西伊豆町大沢里
源泉名大沢里温泉 大沢里3号
入浴 2013年3月
泉質 カルシウム・ナトリウム−硫酸塩温泉
泉温 源泉39.1度
PH 8.9
形態 公衆浴場 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
異色度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

西伊豆町の市街地から県道で奥に入っていくと、急に緑豊かな山の景色へと変わってきます。目指すは大沢里地区にある「やまびこ荘」です。クルマだと15分くらいで集落まで辿り着きました。途中、すれ違いが難しいくらい道幅が狭くなっているところもあるので、注意が必要です。集落からは急な坂道を登った奥にやまびこ荘が建っていました。辿り着くとすぐにわかるとは思いますが、見た目はまるで小学校です。
それもそのはず、ここは廃校になった小学校をそのまま宿泊施設へと改装した町営施設なのです。当時の面影を残した佇まいがウリということですが、面影どころかまるで小学校でした。入口にはしっかりと「大沢里小学校」と書いてあるし、二宮金次郎像も建っています。知らなければ躊躇しちゃいそうな雰囲気です。でもここは天然温泉もある宿泊施設なんですね。基本的には合宿等で利用されることが多いようですが、もちろん一般の方の宿泊も可能です。
以前から宿泊を狙ってはいたものの、なかなか機会に巡りあえず、今回は立ち寄りでの入浴となりました。館内に入るとすぐに受付があります。浴場はそのすぐ先、元々職員室があったあたりだということです。館内に入ると、また外観よりも増して、当時の小学校の雰囲気たっぷりです。綺麗にメンテナンスされているのでしょう。決して古臭さはありませんが、雰囲気はどう見ても小学校です。
しかも近代的なのではなく、昔の小学校です。ある年齢層以上だと懐かしく思うのでしょうね。どうやら教室が宿泊の部屋に改装されているそうですが、黒板なんかも残ったままで、雰囲気ばっちりとのことです。今回は入浴だけなので、中が見れずに残念です。さて、さっそく浴場に向かいますが、入口には大きく「ゆ」の暖簾が揺れています。脱衣所も比較的シンプルで、小さな共同浴場を彷彿させるような雰囲気でした。
もちろん、小学校には温泉なんかないんで、さすがに浴場に小学校らしさを求めるのはおかしいですものね。浴室に入ると、そこには湯舟が大小ふたつに区切られていました。受付のときにも、大きい方と小さい方は温度が違うので、好みに応じて入ってくださいと言われていました。どうやら小さい方は加熱した浴槽で、大きい方は非加熱のようですね。春先の寒さも和らいだ時期だったこともあり、ぬるい方でも問題のない温度でした。
でも、せっかくなので両方を楽しむことにします。浴場は小ぢんまりとしていて、そんなに広くありません。合宿で利用するとなると混雑は避けられないかもしれませんね。大きい湯舟は木造で、小さい湯舟はタイル張りになっていますが、掛け流しなのでしょうか、湯舟に体を沈めるとドバーッと豪快に湯が溢れ出すのもいい感じです。無色透明の湯は、非常にキメ細かいような滑らかな湯であるのも好印象です。
せっかくなので窓の外には何が見えるかなぁと開けてみましたが、ほんとに小さな池みたいなものがあり、その先には先ほどあがってきた通路が見えました。見せるような景色ではないですね。それにしても静かです。外では合宿に訪れている方々でしょう。楽しそうな声が響いていました。また、奥にはプールもあるそうで、そちらでトレーニングをしているグループもいました。とても雰囲気が良さそうだったので、やはり今度は宿泊で訪れようと再度機会をうかがうことにしました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.