土肥温泉・弁天の湯(静岡県) 
といおんせん・べんてんのゆ

DATA
所在地静岡県伊豆市土肥
源泉名土肥温泉(混合泉)
入浴 2013年3月
泉質 カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物温泉
泉温 源泉54.3度
PH 8.3
形態 公衆浴場 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島の西海岸、土肥金山で栄えた歴史ある町に大きな温泉街があります。金山の坑口から湧き出た温泉を利用した土肥温泉です。今では金山の坑道は観光スポットとなり、また海岸は海水浴客で賑わう人気の温泉地となっています。湯量豊富な温泉地ということもあり、たくさんの旅館やホテルが建ち並んでいます。また、温泉街には共同浴場もいくつかあり、温泉客を楽しませてくれています。
土肥温泉街の戸田寄り、漁港の正面に建つ公衆浴場が「弁天の湯」です。通り沿いにポツンと建っていますが、すぐ隣に大薮弁才天があるので、それを目印にしてもいいでしょう。なまこ壁を模した二階建ての蔵のような建物で、とても風情のある建物です。海岸沿いの狭いスペースに建物は建っているので、駐車場は隣接していません。正面の漁港脇に専用の駐車スペースがありました。
施設はそれなりに大きいようですが、1階部分は公民館になっているようで、2階が公衆浴場として使われていました。脇の階段から直接2階にあがって、館内に入ります。玄関を開けると、その奥に受付とちょっとした休憩スペースがあり、海側に男女別に浴場がありました。意外と小ぢんまりとした浴場のようなので、ちょっと人が多いとすぐに混雑してしまいそうな雰囲気ですが、意外と穴場なのかもしれません。
このときは幸いにも先客が1名、あがる頃に1名の客が来ただけで、とてものんびりと利用することができました。脱衣所は棚にカゴといったとてもシンプルなスタイルです。正面には露天風呂への出入口、右脇には内湯への出入口があります。脱衣所からそれぞれ直接行き来ができるようになっているのですね。もちろん内湯と露天も行き来できます。内湯は洗い場が4つほど、ボディソープ、リンスインシャンプーなどは用意されていないので、基本的に持ち込みです。内湯には大きめの湯舟があります。
けっこう熱い湯で、角の湯口から熱い湯がジャバジャバと流れ込んでいました。先客は地元の常連客のようで、「熱いからと水でうめると怒られるから、露天に行った方がいい」と言われました。土肥温泉は高温の湯で有名な温泉地です。この熱い湯を求めて通っている常連さんも多いので、勝手にぬるくしてしまってはいけませんね。露天は内湯以上に熱かったですが、水道からホースが延びているので、これで調節するということですかね。
でもせっかくなので熱い湯をそのまま味わうことにしました。足の甲が痺れるような熱さでしたが、湯舟の底の方は少しぬる目だったので、浸かってしまうとそんなに苦ではありません。むしろこのジンジンくる熱さが心地よいです。露天は道路を挟んで目の前は港です。公衆浴場でありながら、海岸の景色を眺めながら温泉を楽しめるのはとてもいいですね。まったりと温泉と雰囲気を楽しんできました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.