湯盛温泉・ホテル杉の湯(奈良県) 
ゆもりおんせん・ほてるすぎのゆ

DATA
所在地奈良県吉野郡川上村迫
入浴 2013年3月
泉質 単純温泉(低張性・中性・低温泉)
形態 観光ホテル 男女別
効能 冷え性 皮膚病 神経痛 打ち身など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

国道169号線沿い、道の駅杉の湯川上に隣接する「ホテル杉の湯」は、湯盛温泉という天然温泉を持つ観光ホテルです。大滝ダムによって堰きとめられた吉野川の湖畔に建つ宿で、モダンで大きな建物が目印です。道の駅に隣接とはいいながらも、ほぼ道の駅そのものという感じで、館内のレストランはドライブ途中の方々も利用できるようになっていました。
また、ここは日帰りでの入浴も可能なので、道の駅でいっぷくついでに温泉入浴も楽しむことができるのです。フロントで入浴をお願いすると、脱衣所にロッカーがないので貴重品を預けてくださいとのこと。かばんごと預かってくれるので、手荷物も安心です。浴場は地下に降りたところにありました。浴場は「金明の湯」という天然岩の露天風呂、「銀嶺の湯」という高野槇の露天風呂がある二つの浴室があります。
今回は「銀嶺の湯」が男湯でしたが、宿泊の際は夜間に男女が入れ替わるようで、両方楽しむことができるのだそうです。脱衣所は棚にカゴ、そしてゆったりとした洗面台があります。ホテルの浴室ということで、小ぢんまりとはしていながらも清潔的で充実した印象がありました。浴室はまず内湯があります。洗い場が6つほどなので、とても小さな浴場なのかと思いきや、湯舟はゆったりとした大きなものです。
湯舟の縁から底まで赤系の御影石で統一されていて、なかなか高級感があります。湯の注ぎ口のところには大きな岩が置かれていて、その上からトロトロと湯が注がれ落ちていました。シンプルな内湯ながらも、インパクトがあります。湯は無色透明でサラッというか、しっとりとした感じです。肌にピタッと吸い付くような、あっさりとした印象です。外には露天風呂もあるようです。扉を開けると、ちょっとした通路がありその先に湯舟がありました。
湯舟は2メートル×3.5メートルほどの小判型のもので、スッと延びた筒から湯がトロトロと注がれていました。湯舟の雰囲気も悪くないものの、やはり気になるのはその景色です。なんと目の前にはダム湖がそのまま見えるのです。なんか変な表現ですが、とにかく開けっぴろげみたいな、不思議な開放感のある佇まいです。対岸には道路もあるのですが、遠めですし、またほとんど交通量もないようなので、安心して湯舟に浸かることができます。
これといって特別美しいというような景色ではないものの、ダイナミックな雰囲気がとても気に入りました。湯舟は高野槇が使われているようで、やわらかみのあるソフトな感じがいいですね。湯も少しぬる目だったので、じっくりと景色を楽しみながら湯を楽しむことができました。観光の拠点としても便利なところですし、宿の雰囲気も清潔的でいい印象なので、宿泊での利用もいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.