じょんのび温泉・楽寿の湯(新潟県) 
じょんのびおんせん・らくじゅのゆ

DATA
所在地新潟県柏崎市高柳町高尾
源泉名荒又温泉
入浴 2013年3月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物
泉温 源泉32.9度
湧出量毎分41.7リットル
成分総計3736mg/kg
形態 農村リゾート観光施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

柏崎市の高柳町は、素朴な自然に囲まれた山間の小さな町です。アウトドアライフを快適に楽しむようにと、道の駅「じょんのびの里高柳」には広場だけでなく、貸し別荘や宿泊施設、レストラン、そして温泉施設など、レジャーを満喫するゆったりとした各種施設が集まっています。「じょんのび」とは「ゆったりのんびりとした、真からきもちいい」というニュアンスのある方言だそうで、そのコンセプトそのままに体験できる複合施設なのだそうです。
宿泊施設も魅力的ですが、温泉施設の楽寿の湯は、日帰りでの入浴も可能です。今回は立ち寄りでの利用で、真冬の週末に訪れました。雪がチラつく中、豪雪地帯とあって周囲の雪は数メートルも積もっていますが、道路はしっかりと除雪してあるので意外と楽にアクセスできました。けっこう辺鄙な場所に感じたのですが、辿り着いてみると広い駐車場には何台ものクルマが並んでいます。
さすが週末だけあって季節はずれでも人気は高いようです。館内に入るとそこにはフロントがあるので、玄関前の自動券売機で入浴券を購入して中に入ります。浴場は右奥へと進んだ先にありました。途中にある広間の休憩所はたくさんの入浴客で賑わっています。それぞれお弁当を広げて談笑しながら過ごしていました。駐車場のクルマもみんな地元のナンバーだったので、常連客なのでしょうね。
脱衣場は入口にコイン返却式の貴重品ロッカーがあり、そして棚にカゴの並んだシンプルなスタイルです。もっと大きな施設かと思いきや、意外と小ぢんまりとした中規模程度の浴場のようです。浴室は左手に洗い場が並び、右側に大きな湯舟があります。ゆったりとした大きな湯舟で、浴室内にはこの湯舟の他に小さなものもありますが、そちらは水風呂になっていました。水風呂の前にはサウナもあります。湯はクリアながらも、個性的な色をしています。
ジンジャーエールのような綺麗な色のようです。しかも個性的なのは色だけではありません。肌がツルツルとする非常に滑らかな湯です。まるで子供の肌のようなツルツル感がいいですね。浴室内は天井も高く、無垢な天然木の柱や梁が印象的で、内湯ながらも開放感がありました。外には露天風呂もあるようです。屋根に覆われているので雨天時でも問題なく利用できます。こちらも内湯と同じように大きな湯舟がひとつあります。
外側はスリッド状の板壁になっていますが、上の部分の板は外されているので立ち上がると外の景色も眺めることができました。なんてことない山間の田園風景ですが、雪になれていないのでバームクーヘンのように何層にも重なった雪の壁を見ると、ガイドブックの世界に入り込んだような非日常的な気分に浸ることができました。豪雪地帯の人たちからみれば日常的なものですが、立場がかわるととても新鮮です。
さすがに気温は低いので寒いですが、温泉は非常にあたたまりのいい湯なので、気持ちよく長湯することができました。浴後はレストランで食事をすることもできます。メニューも豊富でなかなか魅力的なものばかりです。どれにしようかと悩んだ挙句、「じょんのび弁当」というのに惹かれて注文しました。一度にたくさんのおかずを食べられるのでこれはお徳ですね。味もとてもよくて、またリピートしたくなりました。また別の時季に遊びに行きたいと思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.