真人温泉・ふれあいメゾン(新潟県) 
まっとおんせん・ふれあいめぞん

DATA
所在地新潟県小千谷市真人町
源泉名真人天然温泉
入浴 2013年3月
泉質 単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉)
泉温 源泉32.5度
PH 8.2
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
地元度☆☆☆☆☆
穴場度☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

小千谷市南部、信濃川にほど近い真人の県道沿いに佇む真人温泉は、もともとはテラピア養殖業者が掘った井戸を地元有志が活用して立ち上げたという温泉施設なのだそうです。小さな温泉施設ながらもクチコミで人気の高い温泉だということで、小雪の舞う厳冬期に訪れてみました。実際に訪れてみると、本当にあれっ?と思うほど小ぢんまりとした施設です。
見た目に温泉施設っぽくないというか、地方都市にある場末のスナック的な、いや小さな食堂のような、なんか不思議な雰囲気がありました。「ふれあいメゾン」なんて、アパートのようなネーミングも不思議でたまりません。駐車スペースが限られていて、しかもすでに先客で埋まっていたので、どうしたものかと思ったら、道路を挟んだ反対側にも3台分くらいありました。
帰り際に見てみると、どうやら裏手にも駐車場があったようです。館内に入るとそこには受付があるものの、やはり温泉施設らしさがまったく感じられません。正面には休憩室があるようですが、扉が閉まっていて中の様子はよくわかりませんでした。入浴券を購入して受付をすると、ハンドタオルが手渡されます。安い料金ながらもサービスはいいようです。浴場は奥の階段をあがった2階にありました。
2階にあがるとそこにも休憩室があり、その先に男女別に浴室入口があります。脱衣所は簡易的な棚の他、コインロッカーもあります。わりとシンプルというか、素朴さの漂う質素な感じですね。浴室に入るとこちらは小ぢんまりとしながらも思っていたよりは大きな浴室でした。内側に洗い場が並び、窓際にはゆったりとした湯舟があります。内湯だけのシンプルなものですが、窓が大きいのでとても明るい印象です。
真冬だったこともあり、浴室内は真っ白な湯けむりで充満しています。こうも真っ白だと写真を撮るのに苦労します。さっそく体を流して湯舟に浸かりますが、湯はとてもクリアながらも山吹色をしていてとても綺麗です。しっとりとした滑らかさがあり、何だか独特の温泉臭があります。何というべきか、個人的な印象からすると「民俗資料館のような臭い」なのです。
よく意味がわからないでしょうが、古臭いながらも伝統を感じる、そんな印象なのです。けっこう熱めの湯というわけでもないのですが、しばらく浸かっていると汗が吹き出るほどよくあたたまります。熱くなってくると窓際の縁で雪景色を楽しみながら体を冷まし、また湯舟に浸かったりを繰り返して長湯を楽しみました。シンプルな浴場ながらも、温泉が個性的だと十分に楽しめますね。常連客は多そうですが、穴場的な温泉として観光ついでに立ち寄ってもいいように思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.