下条温泉・みよしの湯(新潟県) 
げじょうおんせん・みよしのゆ

DATA
所在地新潟県十日町市下条
入浴 2013年3月
泉質 単純温泉(中性低張性低温泉)
泉温 源泉33度
PH 7.4
蒸発残留物346.0mg/kg
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度
地元度☆☆☆☆☆
穴場度☆☆☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

十日町市下条、信濃川寄りの住宅地の中にポツンと佇む下条温泉は、小さな小さな公衆浴場です。国道からちょっと入った路地の中にあり、隠れた存在のようです。国道沿いに看板があるので、だいたいの場所は見当が付きますが、実際に訪れたときにはどこが施設なのかよくわからないぐらいさりげなく建っています。知る人ぞ知る地元の温泉といったら大袈裟かもしれませんが、そんな印象を受けました。
真冬の雪深い時季だったこともあるでしょうが、見た目に温泉施設という雰囲気ではないのです。というのも、これかなと目星をつけて近づいてみると、そこは室内ゲートボール場でした。その奥かなぁと先に進むと木造の民家調の建物がるだけで他には何もありません。よく見るとその民家調の建物の一室の窓ガラスが大きくて雲っているので浴室のように見えます。でも入口がよくわかりません。
先ほどのゲートボール場とつながっているようなので、そちらにまわると、入口を入ったところに階段があり、2階が浴場受付と書かれていました。行き慣れていないとわかりづらい感じでした。2階に上がると小さなロビーと受付があります。受付の奥には休憩所があり、食事もできるのでしょうか、ワイワイと賑やかな声が聞こえます。常連さんが談笑しているようですね。入浴料を払ってさっそく浴場へと向かいました。
渡り廊下を通って浴舎に向かいます。浴場前には大浴場は日替わりで男女が入れ替わるようなことが書かれています。今回は大浴場が男湯でしたが、もうひとつの浴場は狭いのでしょうか。施設そのものが小ぢんまりとしているので、どんなものだか気になります。脱衣所はいたってシンプルで素朴なスタイルです。浴場に入ると、左右両サイドに3つずつ洗い場が並び、奥に湯舟があります。こちらが大浴場となると、小さい方はどの程度なのでしょうか。
幸いにも先客がちょうど出たところで貸切状態でした。洗い場にボディソープとリンスインシャンプーが用意されています。湯舟は大きめのものがひとつだけです。ゴツゴツとした重厚的な印象の岩風呂調の湯舟です。脇からトロトロと湯が注がれていますが、飲用はできないと書かれています。また、湯舟からは溢れる気配がないので、循環されているのでしょう。片側にはジェットバスもついていました。
とてもシンプルな浴室ながらも湯はなかなか個性的なものです。黄色というかウコン茶のような山吹色をした湯です。濁ってはいないので、とてもクリアな感じの色です。微妙に滑らかな感じがありながらも、浴感はそんなに主張のない大人しい湯です。窓から外を眺めると、裏の駐車場と雪景色が見えました。なんてことない景色ですが、雪に慣れていない人からみると、風情に感じますね。観光気分で訪れる場所ではないものの、地域の方々の憩いの場所として親しまれているんだなと感じる浴場でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.