那須温泉・ホテルフロラシオン那須(栃木県) 
なすおんせん・ほてるふろらしおんなす

DATA
所在地栃木県那須郡那須町高久丙
源泉名敷島温泉
入浴 2013年2月
泉質 ナトリウム炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉(中性低張性高温泉)
泉温 源泉43〜45度
湧出量毎分230リットル
掘削深度800メートル
形態 高原リゾートホテル 男女別
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化症、虚弱児童など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

ホテルフロラシオン那須は、那須御用邸の東、牧歌的な田園風景が広がる那須高原にあるリゾートホテルです。那須の温泉街からは離れたところにあり、自家源泉を持つ優雅な温泉付きのホテルのようです。今回はまだ雪の残るとても寒い日に訪れました。天気が良かったので道中は快適にドライブができました。ナビに従ってクルマを走らせていくと、牧場の中に誘導されます。確かに入口にはホテルの名前がありましたが、周囲はまさに牧場です。
さらに奥に進んでいくと、農場やそれに伴う作業場などがあります。とてもホテルに向かっているように思えないロケーションに少々不安になります。やがて農場を抜けたところにようやく洋風の洒落た建物が見えてきました。まさに隠れ家としてもいいような雰囲気です。特別大きいような規模ではありませんが、静かでとてものんびりとした空気が漂う、ムードある雰囲気です。
さっそく中に入ると、まさにロイヤルリゾートというような、洒落たロビーがありました。気になるのはやっぱり温泉。ということでさっそく浴場に向かうのですが、ロビー奥の階段を降りた先にあるようです。半地下なのかと思いきや、奥は谷間になっているようで、浴場はしっかりと地上階にありました。脱衣場はゆったりとしていて、ハンドタオルとバスタオルは山積になって用意されています。洗面台も綺麗でさすがホテルの浴場という感じです。
さっそく浴室に入ると、手前側に洗い場が並び、正面にはジグザグのように並んだ湯舟がありました。湯舟は手前側の一角だけが区切られていて、こちらには無色透明の湯が入っています。そしてその奥の大きな湯舟は、白濁というか翡翠のような、いやウグイス色にも見えるような、そんな濁り湯です。ずいぶんと個性的な湯のようですね。さっそく体を流して湯舟に浸かってみます。透明度は40〜50センチほどでしょうか、底が見えるか見えないかというぐらいです。
けっこうぬる目の湯に驚きました。真冬だったのでこれはしっかりと温まらないといけませんな。しばらくするとうっすらと汗をかくほど温まってきたので、続いて露天風呂に向かいます。露天風呂は脇のドアの奥にあるのですが、木造の階段をずっと降りたところにありました。しかしながら、階段が凍り付いていたのはいただけませんね。凍結して滑りやすいし、冷たいしでかなりキツイです。すぐに湯舟に入りますが、これがまた内湯よりもぬるい湯です。
まぁ、ぬるいのは長〜く湯を楽しめるのでいいですがね。露天は思っていたよりもずっと広いです。また、内湯から露天が見えなかったのですが、それもそのはず、露天風呂は内湯の真下にあったのです。内湯を屋根のようにして大きな湯舟があるのです。何だかとてもダイナミックな雰囲気ですね。しかし、天井を覆われているわりには、ずいぶんと開放感のある露天です。やはり広々としているのと、周囲が森なのでその環境の良さも影響しているのでしょう。
それにしてもやはり真冬にしてはぬるすぎるので、なかなか体があたたまりません。内湯に戻ってもう一度入りなおすことにしました。まぁ、時季が時季だけに寒かったのですが、それでもやはり体のあたたまり具合は違います。ぬるくてもしっかりとポカポカに温まるのはいいですね。個性的な湯に、エレガントなホテルの雰囲気もよく、上品な気分で温泉を楽しむことができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.