土出温泉・尾瀬岩鞍リゾートホテル(群馬県) 
つちいでおんせん・おぜいわくらりぞーとほてる

DATA
所在地群馬県利根郡片品村土出
源泉名片品温泉 市山の湯
入浴 2013年2月
泉質 アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性温泉)
泉温 源泉41.4度
湧出量毎分90リットル
PH 9.1
蒸発残留物0.30g/kg
形態 リゾートホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

沼田インターからクルマで1時間ちょっとにある尾瀬岩鞍リゾートホテルは、大自然に囲まれた滞在型のリゾートホテルです。夏は尾瀬ハイキングへの拠点として、冬はスノーリゾートとして人気のあるホテルです。今回はまさにスキーシーズン真っ盛りの真冬に訪れました。ちょうどボタ雪の降る悪天候ですが、道路にはまだそんなに雪が積もっていなかったので、そんなに苦労すぜ辿り着きました。
最後、片品温泉の集落から脇にそれてからは急勾配で雪も圧積された路面だったので慎重に向かいます。駐車場に辿り着くと、さすがシーズン中ということもあり、たくさんの車で賑わっていました。そしてゲレンデのすぐ脇に建つ大きく立派な建物が、尾瀬岩鞍リゾートホテルです。スキーヤーにとってメチャクチャ便利な立地ですね。さて、もちろんお目当ては温泉ということで、さっそくフロントに向かいます。
日帰り入浴も積極的に受け付けてくれているので、行楽帰りに凍えた体を温めて帰るのにもちょうどいいですね。浴場はフロントの脇にある通路を奥に行ったところにありました。男湯は「浮島」、女湯は「水ばしょう」と名付けられているようです。脱衣所は簡易的な棚にカゴが並んだ、シンプルなスタイルです。貴重品用のセーフティロッカーも用意されています。
大きなホテルの割りにはちょっと小ぢんまりとした小さな浴室という印象です。ではさっそく浴場に入ってみましょう。浴室の扉を開けると、左右に洗い場が並んでいて、奥に湯舟があるようです。洗い場は洗い場で区切られていて、別室に向かうように奥に湯舟がありました。浴室は窓がなく、暖色系の照明で照らされているので、洞窟というか地下室のような閉塞感があります。
また、露天風呂などもないのでほんと小さな温泉浴場という印象わ受けました。それでも、浴場内には小さいながらもサウナもあります。また、奥にある湯舟は二つに区切られていましたが、右側は水風呂になっていました。そうなると湯舟も中規模程度のものがひとつあるだけです。見た目もわりとシンプルで、あまり特徴的な要素はないのですが、浸かってみるとふと気付くことがありました。
ほんの微かに硫黄系の湯の華のような臭いがあるのです。注がれている湯のところには、うっすらと薄黄色い付着物もあります。また、湯舟の中でもたまにフワフワと湯の華らしきものが舞っています。そこそこ温泉らしさのある湯のようです。こういった施設なので、半分は循環されているのでしょうが、上手いなと思ったのがパンフレットに書いてある「やわらかい潤感」の文字。肌にも優しい潤いという字を使って、循環とかけたのですかね。
とても滑らかな湯を印象付けていました。ちなみに今回は宿泊していませんが、浴室で一緒になったグループの人たちが、サービスはいいし、料理もうまかったし、また来年も来ようと話をしていました。やっぱりリゾートホテルは、居心地がいいのが一番ですよね。リピーターがいるということは、その快適さを意味しているんだと思います。今度は是非とも泊りがけで遊びにきたいと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.