六日町温泉・湯らりあ(新潟県) 
むいかまちおんせん・ゆらりあ

DATA
所在地新潟県南魚沼市六日町
源泉名7号井・12号井・13号井混合泉
入浴 2013年1月
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉47.6度
成分総計843.0mg/kg
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

六日町温泉は、南魚沼市にある街中の温泉地です。六日町温泉には旅館がいくつか点在していて、今では人気の温泉地ですが意外にも温泉の歴史は浅く、昭和32年に天然ガス試削の際に発見されたという新興温泉地です。しかしながら湯量が豊富で滑らかな湯として、老舗の温泉にも負けない人気のある温泉です。湯らりあは、駅からも程近いところにある日帰り温泉施設です。
日帰り温泉施設というよりはむしろ銭湯として近隣の方々に利用されているようですが、国道沿いでとてもアクセスがいいので、観光での利用でもとても便利なところです。もともと六日町温泉には中央温泉という銭湯があったのですが閉鎖してしまい、共同浴場の存続を願う人たちの声を反映して新たにつくられたのが、平成24年(2012)にオープンしたこの「湯らりあ」のようです。
まだできて間もないということもあり、とても綺麗で新しい雰囲気がいっぱいの温泉施設でした。国道沿いとはいえ、街中にあるのでわりと小ぢんまりとした施設です。施設のわりに広めの駐車場があるのでクルマで訪れるのも楽です。館内に入ると自動券売機と受付、そしてちょっとしたロビーがあります。料金はまさに銭湯料金で、サウナを利用する際には別途料金がかかるようです。また、館内に入る際には下足箱を利用するのですが、これは男女別にわかれていました。
それというのも下足箱のキーナンバーが、受付で渡される脱衣所のロッカーキーのナンバーと関連付けされているようでした。脱衣所は狭くもなく広くもなく、ちょうどいい広さです。水分補給に欠かせない冷水機も用意されているのは嬉しいです。浴室はそれなりに小ぢんまりとした内湯のみです。洗い場は5カ所あり、ボディソープや石鹸類は用意されていません。普通の銭湯のように基本的に持ち込みになっていますが、受付でも販売されているので手ぶらでも大丈夫です。
タイル張りのオーソドックスでシンプルな浴室で、ゆったりとした湯舟がひとつあります。湯舟は大人が8名ほど足を延ばして入れるぐらいの大きさです。無色透明の湯ですが、ほんの微かに濁っているような気もします。外の(のぼり)でも謳っているとおり、源泉掛け流しのようで、注がれた湯はそのまま湯舟から溢れ出ていました。
湯舟の中に排水溝がないので、湯舟に体を沈めるとザザーッと溢れる湯がとても贅沢な気分にさせてくれます。わずかにツルッとする浴感があり、さわやかというか、優しいなめらかさのある湯でした。サウナは今回利用していませんが、小さな水風呂と小ぢんまりとしたサウナが用意されています。気軽に入れる施設ながらも設備的に充実しているし、何よりも新しくて綺麗なので、とても快適に利用することができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.