奥の湯温泉(香川県) 
おくのゆおんせん

DATA
所在地香川県高松市塩江町上西甲
入浴 2013年1月
泉温 源泉17.3度
PH 9.6
成分総計0.3078g/kg
ラドン含有量5.8×10-10キュリー/kg (1.6マッヘ/kg)
形態 温泉宿泊施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆☆
人気度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

高松市にある奥の湯温泉は塩江温泉郷のひとつで、その中でも最深部にポツンと佇む静かな温泉です。塩江温泉からは内場池を抜け、しばらく山の中に入った内場川沿いにあります。静かな山間のけっこう辺鄙なところにあるのですが、それなりに人気が高いようで、いつも多くの入浴客で賑わっているそうです。
実は以前にも訪れたことがあったのですが、駐車場がいっぱいで停められなかったので入浴を諦めたことがありました。今回も午前中の早い時間にもかかわらず、たくさんの車で賑わっていました。ちなみにコミュニティバスも通っているので、バスでの訪問客も多いようです。ここは宿泊もやっていますが、日帰りでの入浴も積極的に行っています。
また、市内在住の高齢者は割引料金となることもあってか、やはり地元の常連客が多いようです。館内に入るとフロントで受付をして、階下にある浴場に向かいます。階下といっても渓谷沿いに建つ施設なので、薄暗い地下というわけではないようです。脱衣所はゆったりとしていてコイン返却式のロッカーが並びます。一番奥側にはベランダに出れる扉がありますが、こちらは喫煙所のようですね。
浴室は内湯のみで露天風呂はありませんが、こちらもゆったりとしていました。手前から奥へと三角形に広がる浴室で、男女を仕切る壁際に洗い場が並び、奥のガラス張りの窓の正面に湯舟がありました。また、その手前にも扉があったのですが、そこにはスチームサウナがありました。シンプルな浴室ながらも機能的には充実していますね。湯舟は隅にバブルバスがあり、ボコボコと音を立てています。
オーソドックスながらも落ち着いた雰囲気があります。そんなに広い浴室でもないのですが、何故だか妙に開放感があります。実はガラス窓越しには森の景色が見え、また半分は目の前の道路が見えるのです。ここは男湯なのでそんな問題にも感じませんが、なかなか大らかな雰囲気の湯ですね。たまに目の前をクルマが通過するのが見えます。湯は無色透明で軽くツルッとする滑らかな湯です。
雰囲気から察するに循環はしているのでしょう、湯舟からはそんなに溢れる気配がありません。冬場だったこともあり、熱めの湯がとても心地よかったです。浴後は無料休憩所もあるので、ゆっくりと過ごすことができます。マッサージイスのコーナーもあるので、温泉に入って日常の疲れを癒して帰るのにちょうどいい感じです。とても静かな山の中ですが、快適に過ごせるいい温泉でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.