穴吹温泉・水車の里穴吹温泉(徳島県) 
あなぶきおんせん・すいしゃのさとあなぶきおんせん

DATA
所在地徳島県美馬市穴吹町口山字渕名
入浴 2013年1月
形態 民宿 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
野趣度☆☆
秘湯度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

吉野川の支流、穴吹川。そのさらに支流の渓谷沿いに穴吹温泉があります。国道から脇道にそれ、心細くなるような細い山道をぐんぐんと登った先にある、秘境の温泉です。水車の里として知られる穴吹温泉は、民宿として営業しているのですが、立ち寄りでの入浴も受け付けてくれる温泉施設となっています。
今回は正月の寒い時期、シーズンオフなので営業しているかどうか不安になりながらの訪問となりました。事前に下調べはしておいたものの、山道に入るととても不安になります。対向車とのすれ違いもできないほど細い山道だからです。でも、もっと不安だったのは実際に対向車に遭遇しなかったことです。
やはりこんな山奥、夏休みならまだしも真冬では訪れる客も少なかろうし、営業はやはりしていないのかもしれません。でも、実際に辿り着いてみると、数台のクルマとバイクも数台停まっていて、そこそこ賑わっているようでした。賑わっているといっても、やはり小ぢんまりとした小さな施設です。静かな雰囲気は保たれているようで、静寂の中にひっそりと宿がありました。
宿はログハウス調の情緒ある建物で、館内に入ると、そこには食堂がありました。受付で入浴の旨を伝え、さっそく浴場に向かいます。浴室は受付裏側の廊下の突き当たりにありました。脱衣所は簡易的な鍵のかかる木造ロッカーです。小さな施設ながらもそこそこゆったりとしたスペースがとられていました。さっそく浴室に入りますが、こちらは小ぢんまりとた手狭なものです。
手前側に洗い場があり、その先に湯舟がひとつだけあります。浴室の奥には小さなドアがあります。中を覗くとそこはスチームサウナになっていました。ただでさえ小さな浴室なのに、サウナがあるので、湯舟は先細りのように奥が狭くなっています。それでも数名がゆったりと入れるだけの大きさはありました。湯舟の脇には大きなガラス窓があり、外は裏山というか緑が見えます。
見晴らしがいいわけでもないのですが、やはり外が見えるのは浴室に開放感を与えてくれますね。湯は無色透明であまり癖のない湯です。あまり印象のない湯ですが、ロケーションは悪くありません。ちなみにここで、猪肉や阿波尾鶏、かも肉などの料理が食べられるので、それを楽しみに訪れる人も多いようです。秘境の温泉として、静かにときを過ごしたい人におすすめです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.