びざん温泉・びざんの湯(徳島県) 
びざんおんせん・びざんのゆ

DATA
所在地徳島県徳島市元町
源泉名びざん源泉
入浴 2013年1月
泉質 ナトリウム−塩化物冷鉱泉(高張性弱アルカリ性冷鉱泉)
泉温 源泉20.2度
成分総計13.46g/kg
形態 ビジネスホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

徳島駅の目の前、ロータリー正面に建つホテルサンルート徳島は、天然温泉浴場を持つ優雅なビジネスホテルです。駅のほんと目の前なので、ビジネスだけでなく観光での利用にも便利なロケーションにあります。温泉施設はこのホテルの最上階である11階にあります。「びざんの湯」と名付けられていますが、この「びざん」とは、徳島市のシンボル的存在の山、「眉山」から来ているようです。
とてもなだらかな形の山で、どの方角から見ても眉のような形をしていることから眉山というようです。その眉山を眺めながら入浴ができるということですかね。浴場は、宿泊者は無料で利用できるのはもちろんのこと、一般の人も利用することができるようです。今回は観光ついでに宿泊で利用することにしました。チェックインを済ませて部屋に向かうと、浴場から近い10階の部屋になりました。10階ともなるとさすがに部屋からの景色もいいです。
駅前なので他にも高い建物はありますが、優雅に街を見下ろすのはとても気分がいいですね。ホテルではパソコンが全室に設置されていたり、無線LANも利用できるなど、インターネット環境もばっちりで、出先でいろいろと調べ物をしたい人にも重宝できます。ではさっそく浴場に向かいましょう。11階にあがるとすぐ浴場の受付があります。受付ではバスタオルとハンドタオル、ロッカーキーが手渡されました。受付のすぐ脇にはエステもありました。
浴場は受付前の廊下を進んだ先です。脱衣所に入るとところにシューズロッカーがありますが、ここで先ほどのキーを利用します。さらにこのキーは脱衣所のロッカーキーも兼用しているようです。脱衣所内は小ぢんまりとしながらも十分機能的で、可もなく不可もなくという感じでしょうか。給水器が水素をたっぷり含んだ水素水を使用していると書かれていた。健康にいい水のようです。
浴室は御影石を基調としたシックなスタイルで、ビジホの浴室のわりにはゆったりとした造りになっています。洗い場は内壁側に並んでいて、左側にはサウナや立ちシャワーがありました。そして右側には大きな長方形の湯舟があります。湯舟は大きなガラス窓際にあり、ガラスの前にはちょっとしたスペースがあり、草木を配置して和やかな雰囲気を演出しています。湯舟に浸かっていると、とてもビルの11階にいるとは思えないほど、ゆったりとした雰囲気の浴室です。
湯はしっとりとしていて、薄茶色に濁っています。けっこう濃厚な湯のようで、小さな傷などあると、ズキズキとしみてきます。舐めてみるとしっかりとした塩味+苦味+金属味がついています。赤茶色に濁っているところをみると鉄分も多く含んでいるのでしょう。ちなみに以前は濾過して無色透明にしていたのだけど、そのままの色合いを保つことしてしたそうです。今どき、濾過して無色透明にしているところは時代遅れって感じなのでしょう。
とてもいい風潮だと思いますね。外には露天風呂もあります。露天といってもこちらはジャグジー風呂で、天然温泉ではないようです。さすがに11階だと見晴らしがいいですね。見下ろすとホントに街中なので、違和感がありますが、これもこのホテルならではの醍醐味でしょう。優雅に利用できるし、宿泊中はなんども利用できるので、とても大満足でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.