べふ峡温泉(高知県) 
べふきょうおんせん

DATA
所在地高知県香美市物部町別府
源泉名別府温泉
入浴 2013年1月
形態 温泉宿泊施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
秘湯度☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

高知から徳島へと抜ける国道195号線、もう少しで徳島県という山の深いところに別府峡谷という風光明媚な景勝地があります。自然豊かな静かなところで、四季の移ろいが楽しめるドライブコースとしても人気があるそうです。その入口に温泉があります。夏はキャンプ、冬はバンガローで、四季折々の楽しみ方ができる温泉施設がべふ峡温泉です。宿泊施設ですが、日帰り入浴やレストランもあるので、ドライブインのように利用することもできます。
今回はゆっくりと温泉を楽しみたかったので、宿泊で利用してみました。晩秋だと紅葉が見事で、とても賑わうようですが、すっかり葉も落ちてしまった真冬に訪れたので、人も少なくとてものんびりとした雰囲気がありました。レストランのある本館を抜けると、浴舎があり、その奥には離れのバンガローが続きます。浴舎は一段高くなっているので、階段をあがっていきます。
浴舎に入ると、右側が男湯、左側が女湯、そして正面には家族風呂がふたつありました。家族風呂は日帰り入浴だと別料金ですが、宿泊者は無料で何度でも利用できるようです。利用する際にはフロントに申し出るシステムとなっていました。せっかくなので家族風呂を覗いてみます。中はわりと広めの脱衣所、そしてその奥に浴室があります。浴室は小さな湯舟がひとつあるだけです。
本当に小さな湯舟なので、家族といっても人数が多いとかなりキツそうです。目の前はガラス窓で、その外側には大きく蛇行した物部川が見えます。とても開放的なので外からも見えてしまいそうですが、ブラインドがあるので大丈夫です。さて、続いて気になるのが大浴場です。こちらは脱衣所もゆったり、そして内湯もゆったりです。手前側にはボディソープ、リンスインシャンプー、固形石鹸の用意された洗い場があり、そして奥に湯舟があります。
湯舟はひとつだけですが、とてもゆったりとしています。また、その奥は大きなガラス窓になっていて、家族風呂以上に開放感たっぷりの景色が見えます。地上よりも高くなっているので、渓谷を見下ろすように眺められるのでとても優雅な雰囲気です。湯舟には一角に打たせ湯らしき高い壁で囲われたところがありましたが、打たせ湯はありませんでした。さて、肝心の湯ですが、これがまたツルツルっとしたとても感触のいい湯です。
白濁した湯で、透明度は70センチくらいでしょうか、なかなか個性的な湯です。露天風呂はないので内湯だけですが、それでもとてもゆったりとしているので、気持ちよく利用できました。四国というと温泉資源の乏しいイメージがありますが、こういった独特な雰囲気の温泉があるのは意外でした。静かでとてものんびりとした雰囲気が楽しめ、ゆっくりと寛ぐことができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.