黒潮温泉・龍馬の湯(高知県) 
くろしおおんせん・りょうまのゆ

DATA
所在地高知県香南市野市町東野
源泉名黒潮温泉龍馬の湯
入浴 2013年1月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
泉温 源泉39.1度
掘削深度1300メートル
PH 9.2
形態 ホテル併設の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

高知龍馬空港からもほど近い、国道55号線沿いに建つ高知黒潮ホテルは、優雅に過ごせることができるワンランク上のビジネスホテルです。アクセスもよく、ゆったりとしているのでビジネスだけでなく、観光の拠点としても利用価値のあるホテルです。そのホテルに併設している温泉施設が、黒潮温泉「龍馬の湯」です。ホテルとは別棟になっているので、日帰り温泉として気軽に立ち寄ることができます。
玄関を入ると、そのすぐ脇には温泉を掘削したときのドリルが展示されていました。地下1,300メートルまで掘り進んで温泉を掘り当てたそうです。館内では木札の下足箱があり、受付で木札と交換で脱衣所のロッカーキーを受け取ります。受付のすぐ右側に浴場の入口があり、左側にはちょっとした休憩スペースがありました。脱衣所は狭くもなくそんなに広いわけでもなく、中規模程度です。
もっと大きな施設かと思いきや、意外と小ぢんまりとた施設のようです。さっそく浴室に入ると、手前側に洗い場、そしてサウナがあり、奥に湯舟が並んでいます。浴室はわりと悠々とした雰囲気があります。内湯には湯舟が大中小と3つありました。一番小さい湯舟は水風呂です。サウナのすぐ目の前にあります。そしてその隣には蛍光イエローの湯があります。こちらは入浴剤を使用した湯舟のようです。
ジェットバスもついていて、背中や腰を揉み解して、リラックスしながら浸かれそうです。そして一番大きな湯舟がどうやら温泉の湯舟のようです。無色透明の湯で見た目には特にインパクトの無い湯ですが、浸かると全身がツルッとするとても滑らかな湯でした。予想以上に温泉している個性的な湯です。ここで面白いのが、湯舟の脇の壁にある年表です。大きな年表が掲げられているのですが、これは坂本龍馬の歴史年表でした。
龍馬の出生から死去まで、波乱万丈の生い立ちが書かれていました。さすが龍馬のふるさとだけありますね。浴室そのものはいたってシンプルなつくりなのですが、高知らしさを出していました。浴室の奥には露天風呂もあります。こちらはそんなに広くはありませんが、ゆったりとした湯舟があります。湯舟の一角はかつての打たせ湯らしき跡がありますが、ここは入浴剤が入った湯となっていました。
でも、この湯舟とその他の湯舟が簡単に仕切られているだけなので、溢れ出た湯が行き来しています。なので、外側の湯舟もほんの少し色づいている気がします。段々と薄まってしまうってことですね。ちなみに露天風呂の上は、スリッド状に板が渡されていて、空があまりよく見えません。すぐ隣のホテルが高層なので、見えてしまうからですかね。でも、露天の雰囲気も悪くないので、これくらいは仕方ないでしょう。旅の疲れは温泉でとるということで、ビジネスに観光に、そしてお遍路にも便利な温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.