森の国ぽっぽ温泉・足湯(愛媛県) 
もりのくにぽっぽおんせん・あしゆ

DATA
所在地愛媛県北宇和郡松野町大字松丸
源泉名大門温泉
入浴 2012年12月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
泉温 源泉19.4度
PH 8.6
ラドン含有量1.6×10-10Ci/kg(0.45マッヘ)
形態 足湯施設 男女混浴
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
脱衣所あり(簡易)
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

愛媛県北宇和郡松野町、JR予土線松丸駅の駅舎の中にある温泉施設が、ぽっぽの湯です。駅舎に温泉があるのは、全国的にも珍しく、四国ではここだけなのだそうです。ぽっぽの湯は有料の日帰り温泉施設ですが、誰でも無料で利用できる足湯施設も併設しています。足湯はホームから階段をあがった、駅舎の2階にあります。ローカルの小さな駅なので、切符を持たなくてもホームには誰でも入れます。
電車待ち以外の方でも、自由に足湯を楽しむことができるのです。階段を上がると、ベランダ状になったスペースがあり、そこに足湯がありました。石で囲われた、横に細長い湯舟で、外の景色を眺めるように内側にベンチがあります。四万十川の支流、広見川が目の前を流れているので、その河川敷を眺めながらのんびりと足湯を楽しむことができそうです。
河川敷といっても、そんなに大きな川でもなく、周囲の田園風景に溶け込んだ、ふつうの景色といった感じですが、とても長閑な光景です。せっかくの駅舎の温泉ですし、足湯の真下は駅のホームなので、電車を行き来を楽しみながら足湯に浸かりたいところですが、さすがにローカルな路線だけあって、なかなか電車は来ません。
電車の往来を楽しみながら入りたいと思う人には、ちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。でもその分、とてものんびりとした長閑な雰囲気が漂っています。足湯は規模のそんなに大きくないものですが、一角には簡易的な脱衣場も設けられています。足湯に脱衣場が必要なの?と思うかもしれませんが、ストッキングを履いた女性などには、やはりこういった設備があるのは嬉しいものですよね。
旅先の記念にプラッと立ち寄っても十分に楽しめるようです。とても心配りのできた足湯ですね。湯は無色透明で、足湯にしては少しぬる目の湯です。冬場の寒い時期だったこともあるかもしれませんね。湯の注ぎ口のところは熱めの湯が出ていたので、好みに応じて場所を選ぶといいでしょう。時間があまり取れない人は足湯で、時間に余裕がある人は温泉施設の方で全身浴でゆっくりと、活用幅の広い温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.