亀ヶ池温泉(愛媛県) 
かめがいけおんせん

DATA
所在地愛媛県西宇和郡伊方町二見
源泉名伊方亀ヶ池温泉
入浴 2012年12月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉(低張性アルカリ性温泉)
泉温 源泉41.0度
PH 8.0
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

延々50キロも細長く突き出た佐田岬半島、まるで九州への架け橋なのではないかと思うほど、すーっとのびています。その途中、亀ヶ池のほとりに建つ温泉施設が、伊方町健康交流施設の亀ヶ池温泉です。佐田岬は所々に集落はあるものの、先端の佐田岬灯台以外あまり観光スポットが多いわけでもありません。けっこう辺鄙な場所という印象があったので、温泉施設といっても小さなものがあるのかと思っていましたが、実際に辿り着いてみると意外と立派です。
まさかこんな辺鄙な場所にこんなに立派な施設があるとは予想していなかったので、とても驚いてしまいました。アクセスは相変わらず、細くてクネクネとした崖道を進んだ先にあります。ところが駐車場は広々としていて、建物も平屋建てではあるもののゆったりとした大きなものです。まだできてそんなに経っていないのでしょう、とても新しさを感じる施設です。館内に入ろうとエントランスに向かうと、玄関前にスペースには足湯もありました。
ドライブの途中で足湯だけでも利用できそうです。館内では、下足箱のキーと交換で脱衣所のロッカーキーが渡されるシステムです。館内は木のぬくもりがあたたかい木造の施設で、落ち着いた雰囲気があります。また、ここは温泉施設だけでなく、玄関脇には物産館、海の幸が味わえるレストラン、マッサージルームやキッズルームなども備えた複合施設です。広い駐車場がいっぱいになるほど人気があるのは、そういったエンターテイメント性も兼ね備えているからですね。
大広間の脇を抜けて浴場に向かいますが、この施設には大浴場の他に、福祉用の浴場や家族風呂もあるようです。また、岩盤浴の施設もありました。大浴場は「みさきの湯」「杜氏の湯」のふたつのタイプがあり、定期的に男女が入れ替わるシステムになっていました。今回は杜氏の湯が男湯となっているので、そちらに入ります。浴場は手前にボディソープとリンスインシャンプーの用意された洗い場のエリアが広がり、そして水風呂、ジェットバス、主浴槽と続きます。
また、高温サウナと塩サウナの2つのサウナが並んでいます。料金が安いのにこれだけ揃えば、至れり尽くせりって感じですね。サウナの前にはクーラーボックスに氷が用意されています。これもうれしいサービスですね。湯舟の湯は無色透明で、見た目には特に印象のない湯です。ところがしっかりとした塩分を含む温泉のようで、舐めてみるとほんのりと塩味があります。発汗作用と保温効果が期待できる温泉のようです。
内湯の外側には露天風呂もあります。露天はまず大きな円形の風呂があり、それから檜と岩の大浴槽、そして樽風呂が3つ並んでいました。それにしても露天のエリアもゆったりとしています。ところどころに休憩用のイスやリクライニングチェアーもあります。ゆっくりと涼めますね。そんなわけで、とても辺鄙な場所にある温泉施設とは思えないほど充実したいい温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.