天然温泉武丈の湯(愛媛県) 
てんねんおんせんぶじょうのゆ

DATA
所在地愛媛県西条市大町
源泉名玉川鉱泉
入浴 2012年12月
泉質 低張性アルカリ性冷鉱泉
泉温 源泉23.6度
掘削深度300メートル
PH 9.9
蒸発残留物0.1656g/kg
ラドン含有量3.5×10-10Ci/kg
形態 公衆浴場 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

愛媛県、国道11号線沿いの伊予西条にある温泉施設が「武丈の湯」です。国道沿いに大きな看板がありますが、温泉施設は少し奥まったところにあります。最初、どこに施設があるのかわからず通り過ぎてしまいましたが、農協のすぐ裏に隠れるようにして建っていました。平屋建ての中規模程度の温泉施設で、気軽に立ち寄れる銭湯のような存在のようです。館内に入ると自動券売機、そして受付があります。右側には食事もできる休憩所が広がっています。
マッサージ機の並んだリラックスルームもあるようです。脱衣所はコイン返却式のロッカーが並びます。比較的新しい施設なのか、とても清潔的できれいです。浴室は手前側が洗い場のエリア、そして奥側に湯舟が並んだエリアとなっています。御影石を基調とした、オーソドックスながらも落ち着いた雰囲気の浴室です。洗い場にはボディソープやリンスインシャンプーは用意されていないので、各自で持ち込むシステムとなっていました。
湯舟は手前側にジェットバスの寝湯、そして主浴槽、奥にはジャグジーバスがあります。その反対側には少し大きめの水風呂と遠赤外線サウナがあります。主浴槽には「鈍川温泉」と書かれています。毎日運ばれてくると書かれていますが、脱衣所の温泉分析表には玉川鉱泉と書かれています。よくよく確認してみると、鈍川温泉からの運び湯で、その源泉名が玉川鉱泉というようです。この地に湧いているものではないのですね。
無色透明の湯ながらも、ラドンを含んでいるので様々な効果があるようです。少し滑らかな感触の湯で、運び湯ながらも気持ちよく利用できました。続いて気になるのが露天風呂です。奥のガラス戸をあけると露天風呂なのですが、規模は小さいながらもとてもセンスのいい露天です。まずは屋根のついた岩風呂があり、その脇の一段高くなったところにも岩風呂。そして脇には打たせ湯らしき浴槽もあります。
巨石に囲まれ、和風旅館の温泉のような情緒ある雰囲気です。打たせ湯は、中止してしまったようで湯が張られているだけで打たせ湯はありません。屋根付きの湯舟は「寒風山の天然水」と書かれています。温泉ではないようですが、サッパリ感のある滑らかな印象があります。そしてもうひとつの岩風呂は日替わり湯となっているようで、今回は「紫根の湯」と書かれています。入浴剤を使用した湯舟のようで、クリアながらもその名のとおり紫色をした湯です。
いかにも入浴剤といった感じの香りも漂っています。まぁ、こういう施設なので、こういった浴槽があってもいいと思います。リラックス気分でお湯を楽しむことができました。ちなみにパンフレットを見ると、女湯には塩サウナもあるみたいです。新陳代謝を促し、ツルツルの肌になるので女性にはいい特典ですね。運び湯でありながらも、しっかりとした温泉施設だと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.