両神温泉・薬師の湯(埼玉県) 
りょうかみおんせん・やくしのゆ

DATA
所在地埼玉県秩父郡小鹿野町両神薄
源泉名両神温泉 すすきのゆ
入浴 2012年11月
泉質 ふっ素イオン、メタほう酸の項で温泉法の温泉に適合
泉温 源泉24.3度
湧出量毎分280リットル
PH 9.2
蒸発残留物1.027g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

秩父の市街地からクルマで40分ほど、県道沿いの道の駅両神温泉薬師の湯には、その名のとおり温泉施設があります。農林産物直売所のすぐ隣にあり、道の駅内にあるので、ドライブにも重宝できる温泉施設です。埼玉県内でも奥まったところにあるので、県内に住みながらもなかなか訪れる機会の少ないところでした。何度か近くまでは来たことがあるものの、たまの定休日にぶつかってしまったりと相性が悪く、ようやく今回が初めての入浴です。
道の駅に併設しているので、けっこう混雑するのかと思いきや、ネットの書き込みを見ると、いつも空いていてのんびりできると書かれています。今回は平日の午前中に訪れましたが、駐車場にはクルマがいっぱいあるものの、温泉施設に入る人はまばらでした。雰囲気も良さそうなところなだけに、とても不思議です。空いているのは、こっちにとっては都合がいいので、さっそく中に入ります。
館内に入るとまずは受付を済ませてからシューズロッカーを利用します。館内は休憩所や食事処なども用意されていて、ゆっくり過ごせそうな雰囲気です。浴場は奥にある階段をのぼった2階にありました。脱衣所は片側が脱衣カゴ、反対側はスチールロッカーが並びます。洗面台も充実していてゆったりとした印象です。浴場に入ると、思っていたよりも小ぢんまりとしていましたが、それほど狭いという印象はありません。
逆さL字型をした浴室で、手前側に洗い場、窓際に大きな浴槽があります。湯舟はひとつだけで露天風呂もありませんが、窓が大きくとても明るいのでゆったりとした感じを受けました。また、ガラス窓からは外ののんびりとした山の景色も眺められ、とても長閑な雰囲気もあります。洗い場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーが揃い、タイル張りの清潔的な浴室で、オーソドックスなスタイルといったところでしょうか。
体を流してさっそく湯舟に浸かりますが、無色透明ながらもツルッとした浴感が印象的です。肌に滲み込むようなしっとりとした感触で、肌を撫でるとスベスベ感が味わえます。湯は完全な無色透明ではなく、なんとなく黄色っぽいような気もします。循環されているようで、飲泉はできず消毒臭もしますが、なんとかこの浴感で救われていますね。
湯舟にはジェットバスやバブルバスもついているので、ボコボコと湯の音が浴室内響き渡りますが、ネットの書き込み同様にとても空いているので、なんだか静かなところという感じをうけました。けっして悪い印象ではないので、おそらく週末などはそれなりに利用客も多いのでしょうが、なんだかもったいない気がしました。浴後は思っていたとおり、肌がツルツルとして滑らかな感じです。のんびりと過ごして1日くつろぎたいところだと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.