桜川温泉・ふじやまの湯(群馬県) 
さくらがわおんせん・ふじやまのゆ

DATA
所在地群馬県利根郡川場村谷地
入浴 2012年10月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉29.7度
PH 9.40
蒸発残留物0.16g/kg
形態 温泉宿 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

関越自動車道沼田インターからクルマで20分ほど、川場温泉からさらに奥地に入ったところの、川場スキー場に向かう途中にある桜川温泉「ふじやまの湯」は、山の中にポツンと佇む素朴な温泉宿です。大きな三角屋根の建物で、温泉と食事処があるので、ゆっくりと過ごせそうなところです。冬場はスキー客でとても賑わうそうですが、それ以外のシーズンはそんなに混雑することもないそうで、秋の連休中に穴場温泉を求めてやってきました。
昼過ぎというか夕方前くらいに辿り着いたのですが、なるほどあまり混雑していません。途中の道の駅なんかはごったがえすほどの混雑ぶりだったのに、なんだかとても静かな雰囲気です。雰囲気はとても静かなのですが、玄関前までやってくるとカラオケの声が賑やかに聞こえてきました。地元の常連さんでしょうか、とても楽しそうです。入浴料金を払ってさっそく浴場に向かいます。ここは日帰り入浴専門なのかと思いきや、宿泊もできるようで奥には客室もあるようでした。
とても小ぢんまりとした施設ですが、脱衣所はそれなりにゆったりとしたスペースが確保されていました。棚にカゴ、それからコインロッカーも用意されています。浴場に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、目の前にある大きな岩です。浴場のど真ん中というか、入ってすぐの目の前に高さが2メートルぐらいの火山岩のような岩がでんと構えているのです。浴室は内湯のみのようですが、石のタイルが敷かれた岩風呂になっていて、外側は明るいガラス窓です。
また、天井はとても高く、丸太の大きな梁がとても見事です。風情たっぷりの情緒ある浴場で、インパクトもありますね。駐車場にはいくつもクルマは停まっていたのですが、浴場には先客が2名ほどいただけで、とっても空いています。やはり穴場的存在だったようです。体をサッと流してさっそく湯舟に向かいますが、湯舟は岩のあたりで大小2つに別れています。手前側の小さな湯舟はジャグジーになっていて、奥の大きな湯舟にはジェットバスがついていました。
無色透明の湯で、沸かしているそうですがけっこう熱めの湯です。サラッとした癖のない湯で、飲用はできないと書かれていたので循環されているのでしょう。湯舟からも溢れる気配はありませんでした。しかしながら、あまり消毒臭のようなものも感じず、雰囲気がいいのでゆったりと温泉を楽しめます。湯の注ぎ口がどっかにあるのかと探してみると、巨石の中ほどにぽっかりと穴があいていて、そこからチョロチョロと湯が注がれていました。
湯の流れている部分だけ茶色に色づいているのですが、特に気になるような味覚や臭いは感じませんでした。ゆっくりと浸かって湯からあがってみると、先ほどまでカラオケで賑わっていた先客たちはすでにいなくてとっても静かでした。後から来た客も、「ゾロゾロと帰っていったので人が多いのかと思ったら、誰もおらんな」と、喜んでいました。スキーシーズン以外はゆっくりと過ごすにはちょうどいい施設ですが、スキー帰りにもほっこりと温まるにはちょうどいい施設だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.