妖精の泉温泉・シャトレーゼ ガトーキングダムサッポロ(北海道) 
ようせいのいずみおんせん・しゃとれーぜ がとーきんぐだむさっぽろ

DATA
所在地北海道札幌市北区東茨戸
入浴 2012年9月
泉質 塩化物泉
形態 スパリゾート施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

札幌駅から北へクルマで20〜30分ほど、札幌市と石狩市の市境である茨戸川沿いに建つリゾート型ホテルがシャトレーゼガトーキングダムサッポロです。ここはホテルだけでなく、スパリゾートとして温水プールや天然温泉の浴場が楽しめる行楽スポットにもなっています。日帰り利用のプランも充実し、気軽に楽しめるリゾートエリアということもあり、家族連れにも人気のあるところらしいです。
単身赴任中の友人に会うついでに、訪れてみることにしました。郊外に建つホテルですが、札幌駅からも無料の送迎バスで出ているので、それを利用することにしました。日曜日の午前中の便に乗ったのですが、バスは満席状態で補助席まで使うほどの混雑ぶりです。ホテルでのプールなどの行楽派の他に宴会やイベントでホテルを利用する人も多いようでした。バスだといくつか停留してから向かうので片道45分ほどかかりました。
ホテルにつくと広大な敷地、そして駐車場があり、人気のほどがうかがえます。ホテルに隣接して温泉施設がありました。1階、入口脇にはシャトレーゼのアイスやケーキなどの販売所もあります。館内に入るとシューズロッカーの鍵と引き換えに、ロッカーキーをフロントで受け取るシステムです。プールの利用客がほとんどのようで、みんな浮き輪などをもってきています。温泉目当ての人の方は少数派なので、混雑もなく浴場に向かうことができました。
温泉利用の脱衣場はプール利用の脱衣場とは別になっているようです。浴場はとっても広々とした内湯があります。白いタイルのオーソドックスなスタイルの浴場ですが、湯舟も豊富で、そのひとつひとつが大きいので、内湯ながらも開放感たっぷりです。贅沢な空間利用ですが、これなら多少混雑しても快適に利用できそうです。内湯は大きな湯舟がいくつもあり、また、サウナも高温、ミスト、塩などいく種類もありました。
湯舟はどれも円形を基調としたデザインで、それぞれ温度が違うようです。壁にそれぞれの湯舟の設定温度が書かれているのですが、一番奥にある桧風呂がぬる目の湯となっているようでした。内湯は大きなガラス窓に囲まれているのですが、その外側には露天風呂がありました。露天はまず1.5人用くらいの大きさの陶器風呂があり、その奥には大きな岩風呂がありました。露天はクリアながらも褐色に色づいています。
また、しっとりとした重たい湯で、プンっと漂うモール臭があります。もしやと思い舐めてみると、海水のような塩辛さがありました。塩分が濃いので、肌がピリッと締まるような感覚がありました。そういえば、内湯は少し黄色っぽく色づいている気がするのですが、天然温泉は露天風呂と案内されているので、内湯は温泉ではないようです。確かに、味覚もほとんど感じませんでした。
ゆったりとお湯を楽しんだ後は、レストラン等の休憩エリアもあります。とっても広い休憩所で、マンガ本も充実しています。子供たちが遊ぶスペースもあり、まさに家族連れ向けにはもってこいというような施設でした。遠方からはるばる観光客が来るような施設ではありませんが、地元の方々のアミューズメント施設として、とても重宝できる存在ではないでしょうか。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.