中子沢温泉・羽川荘(新潟県) 
ちゅうしざわおんせん・はがわそう

DATA
所在地新潟県魚沼市中子沢
源泉名木ノ葉石の湯源泉
入浴 2012年9月
泉質 含二酸化炭素・弱放射能-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
泉温 源泉13.2度
湧出量毎分38リットル
PH 6.2
蒸発残留物1397mg/kg
ラドン含有量38.2x10-10キュリー/kg
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化症など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
素朴度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

中子沢温泉羽川荘は、関越自動車道の小出インターからクルマで20分ほど、唐松山登山道へと向かう県道沿いにポツンとある一軒宿です。緑に囲まれた素朴な温泉宿ということで、夏の終わりにドライブがてら訪れてみることにしました。インターからはナビに従っていけばさほど苦労することなく、目的地に辿り着けました。道中は田畑の連なる田園地帯で、とってものんびりとした雰囲気があります。
そろそろ山の中に入るかなというぐらいでこの羽川荘が見えてきます。真っ白なボックス型の建物で、とても目立つ存在です。少し年季が感じられますが、けっして陰湿的な雰囲気はありません。館内に入ると受付があり、正面には小さなロビーがあります。ロビーには親子熊の剥製が並んでいて、山里の雰囲気ばっちりです。浴場は廊下を奥へと向かった先にあります。先といっても角を曲がってすぐです。
すぐなのですが、えっとこの先どちらへ?と思うような衝立にぶつかります。よく見ると、その衝立を挟んで右側が女湯、左側が男湯への入口となっているようです。なんか狭い入口を余計に狭くしている気がしますが、この先がどんな浴場なんだろうと逆にワクワクしてきます。脱衣場は小ぢんまりとしていてとってもシンプルなものです。浴室もまた小ぢんまりとした小さなものです。
手前側に洗い場が並び、正面に湯舟がひとつあるだけです。湯舟の奥は大きなガラス窓になっていて、その先はすぐ森です。緑が目の前に広がる内湯なのです。狭いながらも雰囲気は悪くありません。湯舟の湯はほんの微かに白濁しています。汚れたようにも見えますが、湯の質感からして温泉特有のものでしょう。しっとりとしたタイプの湯で、目立つ特徴はないものの、肌に沁み込むような印象の湯でした。
万病に効果があるという重炭酸カルシウムのお湯が自慢とのことで、なるほど普通の湯とは違うといった感じです。浴室はまたなんだか不思議な雰囲気もあります。女湯との仕切り壁が古代遺跡の壁のような感じも、いい演出です。ここでちょっと気になったのが、なんだかカビくさいことです。湯の臭いなのか、浴室の臭いなのか、なんか妙にカビくさい気がしました。
でもけっして浴場は清掃をしていないという感じではないので、たまたまそう感じただけかもしれません。しばらくすると、入浴客がどっと増えてきました。増えたといっても数名入ってきただけなのですが、あっという間に芋洗い状態です。浴場を後にして休憩室に休みことにしました。無料の広間の休憩室があり、こちらでゆったりと過ごすこともできるようです。ついつい居眠りしたくなるほど、静かな環境で、まったりと過ごすことができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.