ポプラ温泉・ひばの湯ぽぷら(青森県) 
ぽぷらおんせん・ひばのゆぽぷら

DATA
所在地青森県上北郡東北町往来ノ下
入浴 2012年8月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉45.8度
形態 公衆浴場 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度☆☆☆
総合評価☆☆☆

小川原湖の西、長閑な田園風景の広がる丘陵地にポツンとあるのが「ひばの湯ぽぷら」です。すぐ隣は保育園、裏はデイケアサービスがあります。おそらく同じ経営なのでしょう。幼児から高齢者まで幅広く対応しているのですね。温泉施設はまだ比較的新しい施設のようで、小さく素朴なものながらも綺麗な雰囲気があります。もともとはデイケアサービスで温泉を利用していたものを、後から温泉施設をつくったようです。
ひばの湯というネーミングだけあって、建物は青森ヒバを利用した木造建築になっています。館内も木目が鮮やかで、ぬくもりを感じる贅沢な印象です。玄関を入ると正面はロビーというか広間があり、左右が浴場の入口です。入ってすぐのところに券売機があるのですが、ちょっと変わった操作の仕方でした。料金を入れてメニューをボタンを押し、大人の場合は@@と押すと書かれています。機械のメニューには大人か子供かは表示されていないので、まだ設定ができていないだけなのですかね。
脱衣所は棚にカゴ、それに木造のロッカーがあります。シンプルながらも木の香りが漂い、とても和むような印象を受けました。浴室も同じように木造で、とっても風情ある内湯がありました。湯舟は大きなものが手前と奥とで2つあるのですが、てっきり奥は露天風呂なのかと思っていたら、こちらも屋根も壁もある内湯でした。とはいえ、天井が明るく、窓からも外光が射しこみとても明るい雰囲気があります。
浴室内は手前も奥もけっこうムシムシと蒸しているように感じます。天井も高いのにけっこう蒸しているということは、それなりに温度が熱いのかな?と、恐る恐る湯を触ってみます。ところが、ちょっと熱めではあるもののそんな感じでもありません。熱気がこもっているという感じですかね。また、温泉自体がモール臭というか、おが屑のような有機物系の臭いがするので、温泉そのものが存在感をアピールしているような印象を受けました。
さっそく体を流して湯舟に浸かりますが、内側の湯は、脇に一人用の寝湯もあり、リラックスしながら湯を楽しむことができました。寝ていると高い天井や大きな梁がとても重厚で、まさに東北の湯治場で療養しているような気分に浸れます。湯は透明なのですが、ジャスミン茶を薄くしたような黄色っぽい色がついています。また、肌に馴染むようにツルツルとした浴感もとても個性的です。
それにしても静かで優雅です。先客が2名いただけで、その先客もあがってしまうと誰もいない浴場を独占状態で利用できました。ただ湯の流れる音だけが響き渡り、なんともいえない至福の時をすごさせていただきました。こんなにいい湯なのに利用客が少ないというのは、たまたまラッキーだったのか、それなりに穴場的存在なのか、とてももったいないように感じました。時間帯によっては混雑するのかもしれませんね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.