孫六温泉(秋田県) 
まごろくおんせん

DATA
所在地秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
源泉名(1)唐子の湯、(2)石の湯
入浴 2012年8月
泉質 単純温泉
泉温 (1)源泉49.9度、(2)源泉46.0度
PH (1)7.4、(2)7.1
蒸発残留物(1)560mg/kg、(2)550mg/kg
形態 湯治宿 混浴・男女別
露天風呂あり
脱衣所あり
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度
秘湯度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆
湯治度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

田沢湖の北東部の山の中、乳頭温泉郷は秘湯・秘境の温泉宿が点在する素朴な温泉地です。素朴ながらもそのロケーションの良さから、都会の喧騒を忘れに訪れる観光客にも人気の温泉スポットです。孫六温泉はその中でも一番奥に位置する温泉宿です。クネクネと続く山道を登っていくと休暇村乳頭温泉郷が見えてきますが、ここからさらに脇の林道を登っていきます。道幅は狭く、舗装もガタガタで本当に悪路ですが、これから秘湯に向かうって雰囲気があって、これも醍醐味ですかね。
しばらくすると宿と駐車場が見えてきますが、ここは手前の黒湯温泉です。さらに未舗装の脇道に入ります。脇道に入ってちょっと行くと少し広くなったスペースがあるので、そこが駐車場になります。ここからは徒歩で行くことになります。徒歩といっても歩いて5分もすれば着くようなので、そんなに遠い距離ではありません。山道を降りるようにして行くと、川が見えてきます。その川に架かる橋を渡ると孫六温泉がありました。
森の中にいくつかの建物が寄せ合うように建っていて、湯治場の雰囲気も漂います。その中央付近に玄関と受付がありました。受付を済ますとさっそく浴舎に向かいます。浴舎はそのすぐ手前の庭の先にある黒い壁の建物が内湯となっていて、さらにその陰にある建物が露天風呂とのことです。まずは奥の露天風呂から入ってみることにしました。露天は脱衣所は男女別にわかれていますが、浴場はつながっているので混浴になっています。
女湯には女性専用の露天風呂もあるそうなので、客が多く混浴に抵抗がある場合などでも露天風呂を楽しめるようになっていました。ここは露天風呂とはいいながらも、まず最初にあるのは内湯です。質素で簡単なつくりの湯舟がポツンとあるだけで、かなり小ぢんまりとした浴室です。湯舟に入ろうとすると、底がヌルッとして足元が滑ります。温泉の成分によるものでしょう。気をつけて入りましょう。
無色透明の湯で、少しぬる目のしっとりとした感触の湯でした。続いて露天へと出てみると、まずは扉のすぐ正面にひとつ、それから一段下がったところにもうひとつ湯舟がありました。どちらもそんなに大きなものでもありませんが、けっして小さな湯舟でもありません。下の湯舟の方が若干ぬる目でしょうか、ちょうどいい温度です。露天のすぐ脇には川が流れていて、とてもワイルドな雰囲気もありました。
さらに下段には小さな小屋があるのですが、そちらは閉鎖されていました。中を覗くと、どうやら以前は打たせ湯があったみたいです。湯舟でくつろいでいると、ぬるく感じた湯なのですが体がとても熱くなってきて汗が止まりません。かなり温熱効果の高い湯のようです。いい感じに温まったところで、もうひとつの浴場に向かいます。こちらは浴場も男女別になっています。湯舟は長方形の大きな湯舟を男女で仕切ったような形のものでした。
こちらも無色透明ですが、ちょっと熱めの湯です。コンクリートで囲っただけの質素な湯舟がなんともいえず、秘湯ムードを盛り上げていました。しかしこれだけ汗がよく出るということは、冬場はきっといつまでも温かさが続いて気持ちのいい湯ということでしょう。夏場だったのでしばらく涼んでから山道を戻ることにしました。とても気持ちのいいまさに湯治向けの温泉だと思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.