田沢湖高原温泉・プラザホテル山麓荘(秋田県) 
たざわここうげんおんせん・ぷらざほてるさんろくそう

DATA
所在地秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳
源泉名空吹1号、2号、4号、黒湯下混合泉
入浴 2012年8月
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温 源泉58.1度
形態 観光温泉ホテル 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、投入病、高血圧症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度
異色度☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

田沢湖から乳頭温泉郷に向かう途中に田沢湖高原温泉郷という温泉地があります。田沢湖観光の拠点としてとても便利なところで、いくつもの旅館やホテルが建ち並ぶ、旅館街となっています。その一番奥側に建つのがプラザホテル山麓荘です。団体客も受け付けるような大型のホテルですが、一部には湯治客用の自炊設備も用意されていて長期滞在も可能だということです。今回は夏休みを利用して宿泊してきました。
宿に到着すると丁度雨が降り始めました。駐車場の誘導の係りが傘を手に迎えてくれます。ロビーに入ると、そこには秋田竿灯が飾られていてとてもダイナミックな印象を受けました。けっして真新しいホテルではありませんが、館内はとても煌びやかで優雅な雰囲気があります。このホテルはロビーのある本館の他、西館、東館、やすらぎ館と、いくつも建物があるので迷ってしまいそうなほどです。
温泉浴場は西館1階に内湯の大浴場、そして本館の1階に露天風呂があり、2ヶ所の温泉浴場を利用できるとのことです。大浴場は24時間利用可能ですが、露天風呂は夜中の12時までしか利用できないということで、まずは露天風呂に向かいました。露天は売店の裏を抜けて、そこから渡り廊下のような通路を通って突き当たりまでいきます。すると右側が女性用の露天風呂、左側が男性用の露天風呂へとわかれます。
扉を開けるとさらにそこから長い廊下が続いていました。露天風呂は建物の裏側、別棟に続いているようです。露天につくと、そこは木造の大きな建物です。いかにも東北の湯治場というような雰囲気があり、とてもホテルの浴場のようには思えません。さっそく中に入ろうと思いましたが、入口が2つあります。それどころか脱衣所もふたつあります。どちらも使えるようですが何も書かれていません。
湯舟はひとつなので、もしかすると以前は混浴で脱衣所だけが二手にわかれていたのでしょうか? まぁ、とりあえず露天に入りましょう。脱衣所はカゴが用意されているだけの質素なスタイルです。そしてすぐ脇には湯舟があります。体を洗うような設備はないので、本当に浸かるだけの施設です。サッと体を流してから湯舟に浸かります。湯は軽く濁っているぐらいですが、けっこう濃厚な油臭がします。
あまり熱くもなくぬる目の湯だったので、ちょうどいい温度です。湯舟はとても広くてところどころに巨石が配され、また腰掛用の段差があります。大きな屋根はついているものの、まわりは鬱蒼とした山になっていて、とてもワイルドな雰囲気がありました。また、いたるところにカエルの石像があります。とてもひょうきんな表情をしていて、とても和やかなムードもつくってくれていました。
それにしても静かな露天で、ついつい長湯してしまいたくなるほどいい湯でした。さて、続いて内湯の大浴場に向かいます。西館に向かって階段を降りたところに男女別の入口があります。こちらは内湯ながらも広々とした大きな浴室で、湯舟はひとつながらもゆったりとしています。また、外側は一面大きなガラス窓で外の森の景色も楽しむことができます。この浴場の面白いところは、一部に浅いところがあって木製の枕があるところです。
ここで寝湯が楽しめるのですね。また、露天とは同じ臭いがするのに、こちらの湯の方が白濁しているように見えます。また、湯の華もたくさん舞っていました。かなり濃厚な湯のようで、湯あたりには注意が必要です。とてもゆったりと温泉も楽しめ、また館内は設備も整い、ファミリーから団体客、1人旅から湯治客まで幅広い客層に対応した温泉施設です。とても満足度の高い温泉施設だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.