湯の台温泉・鶴泉荘(秋田県) 
ゆのだいおんせん・かくせんそう

DATA
所在地秋田県にかほ市象潟町横岡字目貫谷地
入浴 2012年8月
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)
泉温 源泉12.5度
PH 6.1
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、高血圧症など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

秋田県の南西部、鳥海山を背後に望むのどかな丘陵地に建つ湯の台温泉「鶴泉荘」は、地域の福祉施設も兼ねたようなローカルムード満点の温泉宿です。湯の台温泉には温泉街などはなく、田畑の広がるとても静かな場所にポツンと建っています。木造の落ち着いた雰囲気でとても地味な宿ですが、かつて明治時代には湯治場としてそれなりに栄えていたそうです。今では知名度も低く、ローカルな温泉という感じです。
日帰り入浴も積極的に行っている宿なので、気軽に訪れるには最適の宿です。というより、むしろ日帰りの方が主なのかという感じの施設でした。館内に入ると、受付とロビーがあります。玄関先では地元の方がおしゃべりをしていて、なんだかとってものんびりとした雰囲気が漂います。ロビーでも寛げるのですが、奥には別途有料になりますが、ゆっくりと休める休憩室があるようでした。
浴室はロビーの横、すぐのところにあります。脱衣所はコイン返却式のロッカーも用意されていて、日帰り客を意識したスタイルとなっていました。浴室はわりとシンプルというか、オーソドックスなスタイルで、両脇に洗い場が計9カ所あり、正面奥に湯舟があります。小規模宿の標準的な設備という印象です。窓は大きくてとても明るいのですが、外の景色は期待できません。
目の前に板の壁があるので、明かり取り程度のようなものでしょうか。せっかく窓が大きいので、何か見えないものかと隙間を覗いてみると、すぐ外側は道路になっているようでした。せっかくの丘陵地にあるのに景色が見えないのはもったいない気もしますが、構造上仕方ないのでしょう。湯はほんの微妙に濁っているようにも見えます。湯舟のタイルの影響もあるのでしょうが、翡翠のような緑系の色のようにも見えます。
湯は循環や消毒はしっかりと行っているようで、あまり特徴のないような湯に感じますが、源泉では硫黄臭もかすかにあるそうです。湯の注ぎ口のところには、布袋が掛けられていて、原始的な方法で不純物を濾過しているようです。夏場で汗だくだったので、さっぱりしようと立ち寄ったのですが、不思議とあたたまりのいい湯のようで、浴後はまた大汗をかいてしまいました。
ロビーでアイスを食べながら休憩をしましたが、これなら冬場はいつまでもポカポカと温かいのではないでしょうか。鳥海山も近いので、登山やハイキングでの利用客も多いようです。リーズナブルに泊まれるようなので、観光の拠点として重宝できそうな宿でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.