象潟温泉・ねむの丘「眺海の湯」(秋田県) 
きさかたおんせん・ねむのおか「ちょうかいのゆ」

DATA
所在地秋田県にかほ市象潟町字大塩越
源泉名象潟R-E及び象潟R-D
入浴 2012年8月
泉質 ナトリウム-塩化物塩泉
泉温 (象潟R-E)30.3度、(象潟R-D)40.7度
形態 道の駅の温泉浴場 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

秋田県の南西岸、象潟町にある道の駅「象潟」には、「ねむの丘」という観光センターがあります。館内には土産物屋をはじめ、レストランやカラオケ、宴会場に温泉施設まである複合施設です。温泉施設は展望風呂となっていて、「眺海の湯」という名前のとおり、オーシャンビューがうりの温泉施設となっているようです。ただでさえ人気のありそうなところなのに、今回は真夏のお盆に訪れたものですから、道の駅に入るのでさえ渋滞になるほど混雑していました。
温泉目的にしては混雑しすぎだなと思ったのですが、それもそのはず、この道の駅にはこの観光センターだけでなく、新鮮な海の幸、山の幸が並ぶ、直売コーナーが軒を並べ、観光客の財布の紐をゆるめるのです。真夏といえば岩牡蠣のシーズンでもあるので、そういったものを楽しみに訪れる人も多いことでしょう。また、すぐ目の前の海岸では磯遊びもできるので、ファミリーでも楽しめます。美味しいものを食べて、ゆっくりと遊んだ締めくくりに温泉を訪れてみました。
温泉施設は建物の4階にあります。エレベータであがると正面にシューズロッカー、そしてその脇にフロントがあります。券売機で入浴券を購入するのですが、その半券に退場制限時刻が書かれています。それというのも人気があるので、90分までの制限が設けられているようです。脱衣所は棚にカゴが並びます。また貴重品用の小さなスチールロッカーも用意されていました。浴場は横に細長いタイプの内湯で、正面は大きなガラス窓になっているので景色は抜群です。
左側に洗い場のスペースがあり、右側は浴場エリアです。湯舟は手前側の一角がジャグジー風呂になっていて、無色透明の湯が張られていました。そしてその隣が主浴槽のようですが、ずいぶんとゆったりと作られています。また、気になるのがムッとした熱気とともに漂うその臭いです。個性的な温泉臭で、いかにもしょっぱそうな臭いがします。湯の色もうすく赤茶色に濁っていて、見た目にも個性的です。
さっそく浸かってみると、なるほど重たくドッシリとした感じの湯で、舐めてみるとしっかりとしながらもマイルドな塩味、そして苦味がありました。えぐいような金属的な味もまざっている気がします。そんな塩分濃厚な湯なものだから、すぐにのぼせ気味になってきます。浴室にはサウナと水風呂があるので、全身が熱くなったところで水風呂で冷ますと、とても気持ちよく温泉を楽しめました。さて、温泉もさることながらやはり魅力は景色です。
夕方から入ったのですが、目の前には海岸と遥か先に見える水平線がとても雄大に広がります。ちょうど沈む夕陽を眺められるスポットのようですが、残念ながら曇ってしまって夕陽は眺められませんでした。日が沈んでしまうと、もう真っ暗です。真っ暗闇にポツンと浮かぶ、漁船の光もまた綺麗なものですね。でも、どうせ景色を楽しむならやはり明るいうちがいいでしょう。旅のついでに是非立ち寄りたい、おススメの温泉施設です。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.